SM体験 SMプレイ ソフトSM 女性専用 初回無料体験

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 私はMです SMプレイ ソフトSM 女性専用

updated 2016-08-06

私はMです

私はMです。
一番の性感帯である乳首は、とても敏感で感じやすり、ウォシュレットでアナルに刺激を与えながら乳首を触ると、「あんあん」声が出てしまい、やたらに汁が出てきます。
手順としては、まず、浣腸か、長時間、一番いい勢いにしたウォシュレットで肛門内を綺麗にします。
勿論、この時点で乳首はつまんでコリコリしたり、先っぽの一番敏感な部分をツンツンしたり、その度に身が悶えてしまう刺激を与えていますので、肛門も緩くなって直腸内は液体でいっぱいになります。
そして、肛門から汚物と液体が吹き出し終わったところで、アナルにローションを塗りたぐってバイブ挿入します。
よく女性用トイレでこの作業を行うのですが、あまりの快感に、トイレに何時間もこもってしまうことが多いので、場所には気を付けなければなりません。
そして、パンティを穿き、バイブが落ちないように固定します。この時、せっかくのパンティがローションまみれにならないように、生理時の女性のようにナプキンをあて、下着や衣類を汚さないよにします。
パンティは3枚~5枚、重ね穿きします。途中にTバックを混ぜたり、バランスよく穿くパンティを選ぶのは至福の時です。ストッキングをパンストにするかガーターにするかは、その時のコーディネート次第。次は上半身です。ブラは二枚重ねて着ます。
なぜなら、乳首部分にローターを入れるため、二枚重ねた方が位置が固定できていいのです。
吸盤付の乳首ローターも持ってますが、流石4~5時間も刺激していると、同じ刺激では感じづらくなってくるので、時々、ローターも変えたりしています。
ただ、スレンダーなブラはアンダーが細いので、かなりキツキツになるし、逆にカップの大きいブラでは、隙間が空き過ぎます。この辺も、パンティと合わせながらコーディネートします。
次にキャミソールを着用します。ブラをギュっと押えてくれて、ローターでも何かのものでも、乳首は服以外のものに触れられ、少し動く度に全身を快感が襲います。電源を入れたり、7段階リズム調節のあるローターなど使用した日には、体がのけぞます。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉