ハッテン場で

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > ハッテン場で

updated 2016-08-06

ハッテン場で

とあるハッテン場というのでしょうか?ネットで探して行ったのですが、サウナがあって、清潔で、でも人も少なく、期待外れもあって、休息スペースで横になってウトウトしてしまいました。
 その店は、タオルなどの色でタチ、ウケを区別できる店でしたが、15分ほど寝てしまったでしょうか、気づくと何やら足、股間がモゾモゾしています。
 夢か・・・・と思っているうちに現実と理解することは容易でした。左右から別々の人に、そうタチの方々に同時にまさぐられていました。驚いたのなんのって、この人たち、サウナにいたっけ?と思いながら、経験皆無の初心者(初めてそういう場所に行きました・・・・)の私は、どうしていいかわかりません・・。左にガタイのいい人、右に華奢な人と対蹠的でもありました。三人とも大人ですので、いろいろ話をしました。

 結果として、個室が二時間単位で借りられるので、一時間交代でという、妙な3P?の様相になりました。
 最初に個室に入ったパートナーは華奢で大人しい方でした。私が初心者であることなど、いろいろ話してから、彼は優しく愛撫してくれました。ゆっくりと時間をかけて、・・・。
 気がつくと、まだ抱かれる前でしたが、ドアがノックされました。そう、一時間たっていたんですね。

 華奢な彼は、「彼に断ってもっと楽しみましょう」と言い、私も賛成したので、ドアをあけ、ヤンワリと断りの話をしたところ、もう一人の彼はかなり気分を害したようで(あたりまえですね・・・)、彼いわく「一時間は約束だ。その後で好きなだけ二人でヤレばいい。」と言って微笑みました。
 結局、そうすることにして寂しそうに最初の彼が退出。扉を閉めたその直後、ガタイのいい人は一変しました。「約束を反故にしょうとしたんだ。それなりの侘びはあるんだろうな?」と念を押され、怖かったですが、受け入れました。

「じゃあ罰だ。」と言って腕を後手にタオルで縛られ、立ったまま乳首を責められました。
「さっきの男に舐めたり吸われたりしたか?」と聴かれ頷くだけの私でした。
「乳首が立ってるぞ。感じるのか?」と意地の悪い言葉を投げられましたが、私は快感をこらえて無言でした。「ここが感じるのは女だろ?男なら感じないよな?」とまた言葉で責められます。
 しばらく責められついに声が、嗚咽がもれてしまいました。

「感じるか?感じるなら、感じると言え。今日は女として虐めてやる」と恐ろしい言葉をかけられました。
 私は必死に耐えましたが、もう立っていられません・・。
「お願いです。もう立てません・・・」と告げると、「私を今夜、女として虐めてくださいってお願いしてみろ!」そうすれば、望みどおり横にしてやる・・・と。
 私は無言で足に力をいれましたが限界でした・・。
「あの・・・私を・・・女として・・虐めてください・・・。」と言ってしまいました。
 男は「聞こえねえなぁ。何だって?」と意地悪さに拍車がかかりました・・。
 私は何度も、その言葉を言わされ、納得したらしく「よし」の声と共にベツドに額をつけ、尻を高く上げる格好で立つことから開放されました。

 しかし、これは「開放」ではなく「拘束」のプロローグでしかなかったのです・・・。
 持ち物を触られ「おっ濡れてるな。ここはお前の何だ?」と言われ「チンポです・・」と言うやいなや尻を平手で叩かれ「女にチンポがあるか!!」と罵声を浴びせられました。
 クリトリスということを強要され、アナルを女性器で言わされ、気に入らなければ、尻を叩きます。もう少し我慢すれば時間切れだ・・と自分に言い聞かせていると亀頭を親指で擦り続けられました。
 経験のない快感の嵐に、喘ぐしかなく、「クリトリスが感じます」と何度も言わされているときに、ドアのノックです・・・。

「助かった・・・」と思ったのもつかの間、男は亀頭を責めながら耳元で、こう囁きました。
「こんな中途半端でやめていいのか?奴がよければやめよう。もっと可愛がって欲しかったら、奴に断るんだ。私はこの人のケツマン奴隷になるって約束したので、と言って」と。そんな・・・・。
 と、その時、ドアの前で四つん這いにさせられ、いきなり入れられました。ビックリして声が出ました。亀頭、いやクリトリスも擦られています。
 男は「今あけるよ」といってドアをあけてしまいました。そして私に「ほら自分で選ぶんだろ?なんていうんだ?」
 私は尻を大きいもので貫ぬかれながら・・・・。

ハッテン場で

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉