彼氏からの調教

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 彼氏からの調教

updated 2016-08-06

彼氏からの調教

私が恥ずかしくて動けずにいると、彼はニヤニヤしながら携帯を向けてきました。「美沙ちゃんは大学生なのにお漏らしでちゅか~?くちゃいでちゅね~。」と、馬鹿にされながら何枚も写真を撮られます。「それどうするつもり?消してよ。」と頼みました。すると、彼は「消すわけねーじゃん。っていうか、お漏らしのくせに態度でか過ぎ。これバラされたくないなら彼女じゃなく奴隷になれよ。まず土下座して。」私はいつもと違う彼にびっくりして動けませんでした。「バラされたいのかな?美沙ちゃんはみんなにお漏らし見られたいんでちゅか~?」私は取り敢えず土下座しました。「じゃあ、お願いしろよ。私はおしっこも我慢できない人間以下のメス豚です、何でもしますから奴隷にして下さいってな。」私は写真を消してもらおうと必死でした。「……私は、おっおしっこも我慢できない、メス豚、です。な、何でもしますから…奴隷に、して下さい。 」彼はニヤニヤしながら聞いていました「ま、お前みたいなメス豚は彼女じゃなく奴隷で十分だよな。じゃあ、今の紙に書け。日付と名前もな。」わたしは紙とペンを受け取り書きました。もう言いなりです。「お前は今日から人間じゃなくメス豚奴隷だ。名前も美沙じゃなく豚子。俺のことはご主人様とよべ。絶対服従しろ。」というわけで、いきなり奴隷になってしまった私です。「俺はデブで汚なくて醜い奴隷がほしいんだよね。マン毛以外はムダ毛処理禁止。風呂は俺が入れてあげる時だけね。人間様のトイレは使用禁止だから、オムツにお漏らししな。ブラジャーはダメ。家では四つんばいね。あっ、あとこれ。常に鼻フックもつけて。髪はおれが切ってあげるから。これは基本だから、破ったらお仕置き。今の体重は?」「…50キロです。」「じゃあ後3ヶ月以内に100キロね。豚は豚らしくしてないと。っていうか大学やめれば?鼻フックで大学いくの?(笑)俺の家金持ちだから家畜として飼ってやるし。」私は答えられませんでした。「じゃあ、試しにおつかいに行ってきて。おむつと髪を黒く染めるやつ2個と牛丼の特盛り10個ね。」と言ってオムツつを穿かされ、ノーブラに白いTシャツにブルマの格好にされました。緩いブルマがふくらみ、オムツがはみ出しています。最後に鼻フックで豚鼻にされました。「いってらっしゃ~い。30分以内ね。」と言われ、外に出されました。歩いていると、みんながこっちをみて笑ってり何か言ったりしています。おしっこが漏れそうです。15分間歩いて到着し、買って外に出ました。すごく重い。後5分で着くときに、ついに転んで漏らしてしまいました。

彼氏からの調教

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉