変態がバレた

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 変態がバレた

updated 2016-08-06

変態がバレた

3日ほどうんちを我慢しては浣腸お漏らしをしていました。
いつものように家で浣腸をしてオムツをつけると、ジュースを買いに出かけました。
もうすぐ家というところでいつものように我慢ができなくなってきました。
そのときです。急に後ろから「まゆみさん」って呼びかけられました。びっくりして振り向くと、
すぐ近くに住んでいる2つ年上の葉子さんでした。
びっくりしてすぐに声が出せなかったのですが、葉子さんは「そんなに驚かないでよ。よくこの時間に歩いてるね」っていいました。
見られていたのかなって思うと、恥ずかしくなってますます話せなくなってしまいました。
すると、葉子さんは「うちにちょっとよっていかない?」って言うのです。
いえちょっと今日は急いでいるので」って答えると、「もうおもらししそう?」って聞かれました。
ショックで体の力が抜けてしまって、そのまま座り込んでお漏らしをしてしまいました。
葉子さんはたまたまこのエッチの森の掲示板を見られていたそうです。
まゆみっていう名前と夜の11時頃にいつも出かけていることから、もしかしてって思って見ていたそうです。
そのまま葉子さんの家に連れて行かれて、汚れたオムツを変えられました。
そして、そのまま葉子さんのお漏らし奴隷になるように誓わされました。
願っていたことがまさか、すぐ近くの人でかなえられるなんて思いもしませんでした。
でも、一人での浣腸お漏らしを禁止されてしまって、今度の週末までお漏らしができなくなってしまいました。

変態がバレた

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉