真性ドM変態娘と呼ばれていました

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 真性ドM変態娘と呼ばれていました

updated 2016-08-06

真性ドM変態娘と呼ばれていました

言葉責めしてくれる方を募集するとかなりの人数からメールがきます。
わたしはそのメールに書いてある淫らな文章を読んで弄っていました。
そのなかでたまにオナニーの方法を書いてくれる方がいてそれらを合わせて、わたしは自分なりのオナニーを作りました。
一番最初にやったときの話です。
足をM字にして膝を曲げた状態で縛ります。タオルで猿轡しておきました。
クリトリスの皮を剥いてそこにネットで買った電マを当ててずれないように固定しました。
スイッチを入れてから目をつむり、百均で買った手錠の鍵を部屋のどこかに投げて後ろ手に手錠をかけました。
あとは鍵を見つけだすだけなのですが…はじめの内は大丈夫だと思ってました。
でもあまりに気持ちよくてイッたあとも電マは動き続けるので何度もイキました。
鍵を探さないとって思っても体が痙攣するので動けません。ずっとうつぶせてました。
途中でおしっこを漏らしてしまいベッドが汚れました。ベッドから崩れ落ちて這いずりまわりながら鍵を探しました。
鍵は見つかりましたが上手く入らなくて、もどかしかったです。
やっと鍵を外して電マのスイッチを切ったらすごい脱力感でそのまま気を失い気が付いたら夕方でした。
あまりの快感に何度もやってますが、疲れますからやるのは週末です。
今では乳首に洗濯ばさみを挟んだりしています。
鍵が見つからなくて気が狂いそうになりながら電池がなくなるまで耐えたときもあります。今年から一人暮らしです。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉