アナルオナニー

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > アナルオナニー

updated 2016-08-06

アナルオナニー

「えっと…ちゃんと入れるようになったのは最近ですけど、いじり始めたのは高校の頃から…」
「それ以来ハマっちゃったのかな?」
「気持ちイイって感覚かどうかは自分でもわからないんですけど…なんかゾクゾクしてしまって…クリをいじりながら指を入れるとすぐにイっちゃうんです」
「アナルでイっちゃうの?可愛いね。。」
「恥ずかしい」
アナルオナニーの話をし始めるとさっきよりも顔を伏せるようになり、口調も恥ずかしさが入り混じって時折震えるようだった。。
ちょっと可愛いな、このコ。。
そう思うと少しずつ自分も興奮してくるのが分かる
「どんなことをまず知りたい?」
「あの…舐めて欲しいんです」
「どこを?」
「オマンコとアナルを…」
「クンニのことだね、どうして舐めて欲しいのかな?」
「ネットで女の人のあそこを図書室で舐めてる画像があって…」
「図書室?」
「無理やりっぽい感じだったんですけど、そのときの女の人の顔がとっても気持ち良さそうだったので…。どうしてこんな場所で痴漢っぽくされてるのに気持ち良さそうにしてるのかなって思ったら、それ以来自分でもオナニーのときにその女の人の顔がずっと離れなくて…。」
「なるほどね。。」
「アナルを舐められてたのは別の画像だったんですけど、やっぱり気持ち良さそうな顔してました」
「だから舐められたらどのくらい気持ちよくなるのか知りたいんだね?」
「う、うん…恥ずかしいけど。」
以前も同じようなタイプのコがいたな。。
ネットで見た画像の女性の顔が忘れられなくて何度もその画像を見たり、それに近い顔を捜したり。。
いわゆるアヘ顔とか恍惚の表情といったところなんだろうけど。。
「わかったよ、その希望通りに舐めてあげるよ」
「…は、はい」
「それじゃあ…そのままの姿勢で少し脚を開いてゆっくりスカートを捲くってみてくれるかな?」
「あ、あの…」
「大丈夫、ゆっくりでいいから…ね。それにイヤだったらやめてもいいんだしさ。。」
「はい」
彼女の服装はブラウスの上に薄手のニット、下はデニムのスカートで生足が素敵な感じだ。。
デニムのミニなので少し脚を広げただけで可愛らしい下着が見え始めてきた
下着は白っぽい薄いピンクでところどころ刺繍がありとっても可愛らしい感じだ
「可愛い下着を履いてるんだね」
「は、恥ずかしい…あんまり見ないでください。男の人に見られたことないんです。」
「そう?とっても可愛いよ。。デニムのスカートも似合ってるしね」
「ありがとう」
緊張をほぐしながらゆっくりと脚を広げるように促すとデニムのスカートがどんどん捲くれ上がって下着が丸見えの状態になってしまった。。
ちなみに部屋のカーテンは閉めて明かりもうっすらと差し込む光だけで照明は消している。。
顔を近づけてみると…
「そんなに見ないでください」
「どうして?」
「だって…汚いかもしれないし、匂いとか恥ずかしいし」
「大丈夫だよ、とってもかわいいし、素敵だよ」
「そんな…余計恥ずかしくなっちゃいます」
こんな格好で自分が見せるのは初めてだろうし、おまけに舐めてもらうという事自体いやらしくて、この子の性格だとそういったことはタブーだし、してはいけないことなのに…な。。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉