有美のアナル

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 有美のアナル

updated 2016-08-06

有美のアナル

彼女の有美に週末デートを断られた俺は、
週末ヒマになったので急遽
コンパの埋め合わせ要員として悪友に招集された。
そのコンパは3対3のヤリコンということだった。
あまり期待せずに当日、コンパに行くと
そこには、有美がいた。
彼氏のデート断って、ヤリコン参加かよ、
と有美の浮気未遂現場を偶然押さえた俺は
徹底的に有美を無視した。
悪友が有美にモーションかけてきても無視。
有美も気まずいのか、
こっちにアプローチしてくることはなかった。
悪友には有美が俺の彼女だということ
は知らなかった(そんなには親しくない)のだが、
俺もわざわざ有美が彼女だとは言わなかった。
最初、有美は俺をちらちら見ながら、
申し訳なさそうにしてたのだが、有美は酒に弱く、
酒が進むにつれ俺に遠慮しないようになっていった
俺も、有美のことは無視して、
連れの女の上手そうな方にアプローチしていった。
一次の居酒屋が終わり、二次のカラオケへ。
悪友二人ともが、有美がお気に入りだったようで、
あぶれた女は一次で帰った。
カラオケは、ほとんど歌を歌うことはなく、
有美の両横に悪友二人が陣取って、
盛り上がり、俺は連れの女と話していた。
二次ともなると、おさわりも許容し始める頃、
密着度も高くなる。
無視すると決めたとはいえ、
さすがに俺の彼女なだけに、俺は向こうの状況を 気にし始めていた。
有美は、悪友二人にいろいろなカクテルを
ちゃんぽんで飲まされていた。
ミニスカートで生足だったので、太腿に手を置かれ、
その内さすられていた。
なもんだから、その内、
ギリギリまでスカートが上げられ、
股の奥をつんつんさせられていた。
有美も対して抵抗はなく、
「えっちー」と軽く諌めるくらい。
はっきり言って逆効果だ。
俺は、だんだんと有美が気になり始め、
連れの女におざなりに話を合わせるようになった。
女はそれが気に入らないらしく、
体を張って(w)俺にモーションをかけてくる。
どうやら、気に入られてるようだ。
胸を揉ませたりもしてくれるのだが、
俺はそっちのけで、有美の方を気にしていた。
(今考えるともったいない)
そうはいっても、女を完全無視という感じではないので
傍から見ると結構いちゃついてるように見えたんだろう
俺も有美に気がいってるのが悪いなと思い、
不機嫌にならない程度に女のフォローをしてた。
女の方も、ヤリコン前提できてるから、結構大胆で、
カクテルの口移しなんかもできちゃったりした。
ところが、まずいことに、
俺がそういうことになってると
あっちは一時的に落ち着いてたりして、
口移しとかもバッチリ有美に見られていた。
それで、有美がヘソを曲げたかどうかで、
有美も悪友二人のちょっかいに抵抗しなくなっていった。
俺の真似をして カクテルの口移しを試みようとする
悪友にも、有美はなんなく応じた。
有美のかわいい唇に、男の口から注ぎ込まれるカクテル。
それがまたカルアミルクだったりするからいやらしい。
有美の口から白いミルクがこぼれる。
悪友は、こぼれたミルクを拭くドサクサで、
有美の胸にさわったりした。
でも、有美は抵抗なし。ますます調子にのる悪友。
そんなこんなで有美を気にしつつ、
女の相手をしてた俺だが、ついに女がへそを曲げてしまい
帰ってしまった。
まあそんなに怒ってたというわけでもないんだが
俺に愛想つかせたという感じ。
ついに女は有美だけになった。
旗棒だか端竿だか知らねぇが、
女をオバQから穴キューまでにはしたものの、
どうしてもモロキューにできずに
投げ出したジョーとか言うヘタレから、
女を回されてきた。
確かにオレは穴キューも守備範囲だが、
やはりモロキューが最上だろう。
しかし最初がオバQだったせいか、
どうもこの女の筋は読めねぇ。
バケラッタ根性が染み付いているのかもしれん。
女が有美一人だけになったことで、
悪友達はさらに大胆になっていった。
なんだかんだ言いくるめて、
有美のブラの中に手を突っ込んでナマ乳を揉む悪友A。
スカートはまくれあがってて、
白いパンティーが丸見え、股の中心に指でつつく悪友B
有美は、なされるままだ。
「やーん」とかは言ってるが、抵抗はしてない。
俺は、有美に対するむかつきと、
結構上質だったやり女を逃した悔しさで、
有美に群がる悪友を止めようとはしなかった。
まあ、勃起はしてたが。
相変わらず、カクテルを口移しで有美に飲ませる悪友A
パンティーの中に手を入れ始める悪友B。
有美は、悪友Aにカクテルを飲まされたあと、
舌を絡ませてくるのにも嫌がることもなく、
自分から舌を絡ませ。
Bのパンティーの中に進入してくる手に、
次第に股を広げてマンコへの進入をゆるした。
いまや、有美はブラからこぼれた乳をさらけ出し、
それを揉まれながら、舌を絡める深いキスをされ、
パンティーの中でまさぐる手を股をひろげつつ、
あえぎながらも腰を微妙に動かしていた。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉