催眠術

催眠術

催眠術の技術をHに応用しているラブマシーンです。先日、面白い遊びをしました。
 相手は飲食業に務める25歳。経験は20人ほどあっても一人H以外ではイケない悩みの持ち主でした。
 いつもと同じように特に催眠術をかけるわけでもなく、催眠に導入して行く技術で彼女の被暗示性を高め、彼女自身を変えることで2回目のHから何度もイクことに成功した相手です。
 彼女の本質を変えることで、仕事も恋愛も上手く行ってなかった彼女も、気持ちが前向きになり、今では新しく入った飲食チェーンの店長として働くという幸運をつかんだ女性です。
 もともとHは好きなタイプだったらしく、今では素直に「生理前でムラムラしてるから会いたいです」なんてメールをくれるようになりました。
 最初から催眠術は使いませんが、僕を信頼してついてきてくれるようになると、時々飲みながら催眠術で遊んであげたりします。
 グラスから手が離れなくなったり、白ワインが水に感じてしまったり。
 先日は池袋で食事をし、静かなバーでグラスを交わした後、ホテルに入りました。ムードを盛り上げておくことも、被暗示性を高めるためには重要です。
そしてこの日はめずらしくHの前に催眠をかけてみました。
 催眠術のかかった女性とHするのは好きではありませんが、彼女はちょっとMの気があるらしく、引き出してみたくなったのです。
 ベッドの上に座った彼女に、スッと催眠をかけてしまいました。
「身体の力がどんどん抜けて……」
 彼女は座っていられなくなり、ベッドに横たわります。
「あなたの身体は完全に力が抜けて、もう動かすことができません……。でも、身体はとても気持ちいい……そして、身体中がとても敏感になり……。
そう、あなたは身体全体がクリ○リスになったように敏感になって……」
 こんな感じの暗示を入れ、そーっと彼女の身体に触れてみました。
 彼女は全身の感覚が研ぎ澄まされ、軽く指でなぞるだけで身体がのけぞります。でも、暗示の通りに身体を動かすことができません。そうです、
身体を縛って動けなくした状態と同じなのです。催眠を使ったソフトなSMの始まりです。
 彼女は体の自由が利かないことに、さらに興奮が高まっています。
 キャミソールとスカートを持ち上げ、ブラとパンティを剥ぎ取りました。
 両手と舌でさらに彼女を責めて行きます。
「アーーー!」彼女は身体をのけぞらせ、首を横に振り、叫び声を上げることしかできません。
「さあ、今から3つ数えると、あなたは目を開くことができます……。しかし、身体は動きません……。あなたは責められている自分を見ることで、さらに感じてしまいます……」
 必死に抵抗する彼女は、もう汗びっしょりです。
 さすがに3回ほどイッたところで、可愛そうなので動けるようにしてあげました。
 その後は嵐のようなSEXが1時間以上続きました。最高に燃えましたよ。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉