尿道プレイ

尿道プレイ

昔ある雑誌で尿道オナニーのことを知って試してみたことがあります。
 わざわざ最適の器具を探してアッチコッチ見て廻り、柄が円筒形をしているスプーン(小)を見付けて買い込みました。
 キチンと洗って消毒をして、チンチンの方まで洗って挿入。スプーンの柄の終わりはニ連球のような形になっていて直径5mm位のもので簡単に入ります。
そのままズズズズズ~、と奥まで挿入。メッチャ気持ち良いっす。スプーンの頭を押えて、ただ挿入してあるだけなのにチンコがピンコ勃ち。
手を放すと尿道圧にスプーンが押し返されてズズ~ッと押し出されて来ます。抜け落ちる前にまたスプーンの頭を押えて奥まで挿入。はじめてなので慎重に、ゆっくりゆっくり楽しみました。
 でも微妙に痛い。
 それでフィニッシュはスプーンを抜いて普通のオナニーで射精しました。
 その後が最悪。その日と次の日と、とにかく小便のたびにチンコが痛いんです。処女が痛いというのもこんなもんなんだろうか、と勝手に想像したりもしました。
なれてないから刺激が強すぎて痛いのかなって。なれれば痛いのはなくなって快感だけ残るのだろうか?
 しばらく悩んだ末もう一度トライ。今度は前より慎重に、ただ奥まで挿入しただけでスプーンは動かさず、亀頭部を刺激して最後まで逝きました。
それでも二日位は小便の度に尿道がジンジン痛むんです。もう止めようかと思いました。
 でもしばらくするともう一度トライしてみたくなりました。後で痛いのは分かってるのですが、気持ち良いっすから…
 今度はまず普通にオナニーをします。それで逝きそうになったらチンチンをギュッと握って無理に中断します。手を緩めると、
尿道内に放出され行き場を失っていた精液がダラッと垂れてきます。この精液に逆流させる形でスプーンの柄を挿入。精液を潤滑油代りに使うつもりです。
滑りが良くて、最高です。奥まで入れて、静かに左右に回転させてみます。良いっす。ゆっくりゆっくり出し入れしてみます。良いっす。そのまま亀頭部も刺激しながらフィニッシュ。最高っす。
 でもね、終わったらやっぱり小便の度に痛いんですよ、チンチンが。その後何回かやり方を変えてトライしました。でも駄目でした。
最後は尿道炎に罹ってしまって止める決意をしました。それ以来尿道オナニーはしていません。普通にセックスしても十分気持ち良いんだから、
なにも危険を犯して尿道オナニーをする必要ないって、そう考えました。
 尿道オナニーは止めたのですが、何となく尿道へのこだわりは残りました。何て言うか、女性を相手に尿道プレイをしてみたい、そう思うようになったんです。
 妄想なんですが、僕が悪代官とかになって、町娘の彼女をさらって来て、「グヘヘッ、苦しゅうない、もっと傍へ寄れ」か何か言いながら、帯に手を掛けて脱がそうとする。
「お代官様、お戯れはおよし下さい!」か何か言うのを押し倒して、無理矢理手篭めにするわけです。
 その時に彼女の腰巻きを剥ぎ取り脚の間に割って入ると隠し持った器具を相手の尿道に挿入してしまう。
 すると「ヒッ!」と呻いて彼女の動きが一瞬止る。ズズズッと器具をさらに押し込む。経験したことのない良さに彼女は思わず腰を浮かし「ウウッ」と喘ぐ。
「これをされると誰も抵抗できんのじゃよ、グヘヘヘヘッ」と俺。
 そしてゆっくりゆっくり器具を出し入れしたり、左右に回転させたり。「あっ~、ンっ、い、いや!、はッ、あ、お、お止め下さい」。
 口とは裏腹に女のクリはガチガチに勃起し、ビラビラまで充血して花開いている。トロリと溢れ出る淫液。しかし責めは続く。
 さらにクリに吸い付き、ベロベロに舐め回し、指マンで淫穴を嬲り…。色々やって彼女が完全にグッタリした頃にようやく合体。
 そういうプレイがしてみたいね~、と言うとほぼ間違いなく「変態!」と却下されます。(涙
「でもさ、男性と女性と体の構造の違いまで考えてみてよ」と頼みます。女性の陰裂の内、
尿道口からクリトリスまでの部分というのは男性なら左右から癒合して尿道を形成している部分なんです。その部分が女性の場合塞がらずに陰裂として露出している。
その部分を指マンされたり舐められたりして「あ~っ、あ~っ、良い~っ」とか言ってる癖に尿道プレイがイヤと言うのは変だ。
 女性の小陰唇なんて男で言えば尿道の粘膜に当る部分なのに、小陰唇は弄って貰いたいが尿道を弄られるのはイヤというのは不合理だ。みたいな変な理屈を言って、
これまで二人だけ尿道プレイをすることが出来ました。
 彼女らの意見は、快感そのものはあるし悪くはないが、尿道炎や膀胱炎の危険を犯してまでやる価値はない、というものでした。しかも痛い。
だから二度とやりたくないと。痛くないように十分気を付けてやったつもりなんですが、やっぱ普段液体しか通らないところに異物を挿入すると刺激が強すぎて痛いようです。
 クリとか小陰唇とかヴァギナとか、そういうのでの良さを十分開発されてしまった女性の場合、今さら危ない痛い思いをしてまで尿道感を開発しようという気になれないんでしょうね。
まっさらの処女を探してきて一から教育する以外尿道プレイというのは駄目かも知れませんね。(涙

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉