裸かにして、足はM字に手も縛りつけ、目隠しして、姪とプレーをする

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 裸かにして、足はM字に手も縛りつけ、目隠しして、姪とプレーをする

updated 2016-08-06

裸かにして、足はM字に手も縛りつけ、目隠しして、姪とプレーをする

裸かにして、足はM字に手も縛りつけ、目隠しして、姪とプレーをする。23歳の姪の体はしなやかで、それでいて女盛りを迎える手前の甘い匂いを醸し出し、私を興奮させる。
私の思う通りに、マンコを存分に舐め、上り詰め、イク顔を眺め、感じ過ぎて足を閉じようとする仕草を見せたら、太ももの内側を叩き、
あっ、と言う声を漏らす姪の顔は目隠しで目は見えないものの、頬は赤くなり感じているのが、わかる。
マンコを舐めたら、舐めるだけ、恥ずかしい汁を垂れ流し、舐めてやると若いエキスが私の体の中を駆け抜けて行く。
気が済むまで、マンコを舐めまわし、玩具を使い姪を攻める。
私のチンポは、すでに男としての機能はしていないので、姪を満足させ、私自身を満足させる為には、玩具は欠かせない。電マ、バイブ、ローター、
絵の具の筆など、マンコに入れられる物は全て道具となる。
電マをクリトリスに当たるように、押し付けると、スイッチを入れる。
電マもバイブもクリトリスにヒットするように、当てないと意味がない。電マのスイッチを弱から順番に強くして行くと、声の上げ方、体の動かし方も変わって来る。
強にして狂うように、体を動かしても、私は手を離さず、体がピクピクして、姪が懇願すると離してやる。
電マで刺激され潮吹きしたら、絵の具の筆でクリトリスに絵を書くように塗り付けてやる。
それから、バイブを小から順番に入れ、最後はローターを2本膣の奥に入れ、超特大と言われるバイブを入れて、失神するまで、姪を攻める。
顔を赤らめ、声がかすれるまで上げ、上り詰め、そして、失神する。
バイブとローターを抜き、ぐっしょり濡れているマンコを舐めてやる。
クリトリスは赤くなり、ピクピクしているところは、電マで攻められ、ローターとバイブで攻められ、マンコからは恥ずかしい汁を口からはよだれを垂らす。
舐めても舐めても、恥ずかしい汁を垂れ流し、意識を取り戻すまで舐めてやる。
意識を取り戻した、姪の体を解放してやり、一緒に風呂に入る、シャワーをマンコに当てて、声を上げさせ、私は満足する。
週に2回若い肉体を玩具にする事で、私は満足し元気に過ごせる。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉