亀甲縛りのやり方

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 亀甲縛りのやり方

updated 2016-08-06

亀甲縛りのやり方

亀甲縛りのやり方

まず、用意するもの。 長さ20mのSMロープ。 これだけですね。
やり方。 (ここでは縛られる側を女性としています。仮ですので偏見じゃないですよ)
まず、ロープを二つ折りにして女性の首にかけます。
で、次の位置で結び目を作ります。(二本一偏にむすぶ)
胸の上下(乳首をはさんでいっこづつ)
おなかのあたりにふたっつ
股の上か感じるところにあたるようにいっこ
これは女性の体型に合わせて変えてかまいません。
次にそのまま女性の足の間を通して二本ともロープを後ろにもっていきます
で、女性の前面で結んだ位置とほぼ同等の位置に結び目を作っていきます。 (もちろん同じ数だけ)
できたら、首にかけてあるロープに二本のロープを通します。
向こう側に通して手前に出す感じです。できましたか?
今度はそのロープを一本ずつにします。
そして女性の腕の下を通すようにして手前に出します。
女性の手前には結び目がありますね。
左右それぞれから持ってきたロープをこの結び目の間に通して後ろへひっぱります。
すると結び目と結び目の間がひらいて胸がむちっと出るようなかんじになるはずです。
そのあと後ろに持っていったロープは後ろの結び目と結び目の間を通してまた手前に持ってきます。
ということを繰り返して手前、後ろ、手前、後ろ、と結び目の間をひらくようにひっぱりながら通していくわけです。
最後に太もものあたりでロープをとめて出来上がりです。
あとは結んだ人の好きなようにお料理してください。。。
というわけでわかりました?
文章にすると幾分わかりにくいかもしれませんね。
こんなことも普段のセックスの参考にしてもらえたらうれしいなあ。
拘束グッズもありますが、たまには本格的に縛ってみてはいかがですか?
グッズを使ったプレイをさらに盛り上げてくれるとおもいますよ。
(ただし嫌がる人にやってセックス嫌いにさせないでくださいね。)

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉