綾との関係

綾との関係

元々仲は良かったのですが、二人で遊ぶ事が多くなってました。
休みの日はほとんど一緒に居たと思います。
綾はやはりMっ気のある子で、私はSっ気がありました。
私自身当時はそんなに感じていませんでしたが思い返せばSっ気が強かったと思います。
そういう意味でも相性が良かったんです。
ある放課後、綾は私に言いました。
「今日の夜空いてる?」
特に用事も無かったので
「空いてるけど?」
と答えました。
「じゃあ、キモ試しに行かない?」
当時時期は9月の終わりか10月の始めだったので
「こんな時期に?」
と聞き返しました。
すると綾は
「いいじゃない。行こうよ」
と私の腕をつかんでねだる様にいいました。
私は断る理由もなかったので
「わかった」
と答えて
「場所は?」
と聞きました。
綾は
ニコニコと笑って
「○○団地」
と答えました。
○○団地は今は廃墟の市営団地跡です。
少し郊外にあって、周辺にはなにも無く団地の敷地内は雑草が生い茂っていてアスファルトの地面が見えないくらいです。
前にも綾と他数名の男女とキモ試しをしたことのある場所でした。
私は
「分かった。何時に行くの?」
と言いました。
「8時ぐらいなら大丈夫?」
「うん。でも私11時が門限だから」
すると、綾は
「大丈夫!そんなに遅くにはならないから!」
と元気よく言います。
私は
「じゃあ、8時に綾ん家でいい?」
「うん!懐中電灯だけは忘れないでね!」
と綾はすごい張り切った様子でした。
私は8時少し前に綾の家へ着きました。
この日は時期のわりに暖かくて私はデニムパンツにTシャツとパーカーに着替えて着てました。綾も同じような格好でスウェットのズボンにTシャツとパーカーでした。
私たちは自転車にまたがり早速○○団地へ
団地へ着くと後ろめたい気持ちがあったので自転車を物陰に隠して、工事用の柵を乗り越えて中へ入りました。
言うまでもなく辺りは真っ暗で既に懐中電灯が役にたっています。
「いつ来ても怖いよね」
と私が言いました。
「うんうん」
と綾は楽しそうです。
私たちは手を繋いでそびえ立つ五階建ての団地へと足を進めました。
団地の入り口は木の板で塞がれていたのですが、誰かが壊して入れるようになっていました。
入り口の前で私たちは立ち止まりました。
「離れないでね」
と綾が言いました。
私は
「うん」
と答えて
「じゃあ、入りますか」
と綾の手を引きました。
すると綾は
「ちょっと待って!」
と私を引っ張ります。
私は
「どうしたの?怖くなった?」
と私も既に十分怖かったのですが、冷やかす様に言いました。
綾は
「ただ探検するだけ?」
と言います。
「それ以外に何かある?」
「普通キモ試しって言ったら奥まで行って何か持って帰ってくるよね?」
「まぁそうだけど何も無いじゃん。それに二人同時にそれやっても意味無くない?」
すると綾は
「でしょ、でしょ」
と声を高くして言いました。
続けて綾は
「でね、何かルール決めてから行かない?」
と言いました。
「ルール?」
「そう!私は悲鳴をあげない!」
と綾は楽しそうです。
私も何かルールを決めて行くのはいい考えだと思いました。
綾はさらに
「悲鳴をあげたら一回あげることに服脱ぎます!」
と付け加えました。
私は
「マジで?」
と聞きました。
「うんうん!マジマジ」
と綾は私の手を握ったまま手を前後に振りました。
「じゃあ、私は審判で」
と私は言って見ました。
さすがに私は服を脱ぐのはいやだったからです。
すると、綾は
「リョーカイ」
と言って
「じゃあ、行こう!審判さん」
と私の手を引いて中へ入りました。
中と言っても始めにあるのはただの階段です。
この団地は二つ階段があって私たちは奥の階段から入りました。
そして、廊下を歩いて手前の階段へ。
そこから二階へあがります。
二階に上がった時、いつもの悪戯心が騒いで私はパン!と手をたたきました。
予想通り綾は
「キャッ」
と短い悲鳴を上げました。
私は綾に向かって
「はい。一枚脱いで」
と手を差し出しました。
綾は
「はーい」
と素直にパーカーを脱いで私に渡しました。
「素直でよろしい」
と私は綾の頭をナデナデしました。
「エヘヘ」
と綾も笑います。
「頑張ってね。後3階だから」
「うん!」
「じゃあ、ルールスタートで」
と言って私は歩き始めました。
そして次の瞬間、私は思いっきり地面を踏みつけてバン!と音を立てました。
「キャ」
と綾はさっきより短い悲鳴を上げました。
私は立ち止まり、綾に向いて
「はい。もう一枚だね」
と手を差し出しました。
「優菜ずるいよぉ」
と駄々っ子の様に言いながらも綾はTシャツを脱ぎました。
「うわぁ。あっさり脱いじゃうね」
と私は綾を冷やかしました。
「ルールでしょ?」
と甘えた風に言います。
「まぁね。自分で決めた事だしね」
と私はTシャツを受け取りました。
綾は既に上はブラ一枚になってました。
「綾。寒くない?」
と私は聞きました。
「大丈夫だよ。今日暖かいし」
「ならいいけど」
と言って私は綾の手を握り再び歩き始めました。
「ってか、どこかの部屋は入れないかな?」
と綾が言いました。
「前来た時は全部閉まってたね」
「上の階に上がるだけってつまんないよね」
「そう?」
と私は聞き返しました。
だって、部屋なんか開いてても怖くては入れないから…。
そんな話をしているうちに私たちは3階へ上がりました。
3階の廊下を歩いていると私は何かにつまづき
「キャー」
と悲鳴を上げてしまいました。
その悲鳴に綾も同じ悲鳴を上げました。
「危ないなぁ」
と私は言って、つまづいた所らへんを懐中電灯で照らしました。
あったのは木の棒。
「もう!」
と私はその木の棒を足で端にやりました。
「気をつけなきゃね」
と綾に言われました。
私は
「綾もね」
と綾にいいました。
「ん?」
と何か分かっていない様子です。
私は綾に向かって
「今悲鳴あげたじゃん」
と言って綾に手を差し出しました。
綾はハッとした様に
「あ…」
とつぶやきました。
「ほらほら、上?下?」
と私は綾を急かします。
綾は
「くそぉ」
と言いながらもスウェットを脱ぎました。
私はスウェットを受け取って
「大丈夫?そろそろルールやめる?」
と下着姿の綾に聞きました。
綾は
「最後まで頑張る!」
と張り切ってる様子。
私も綾が脱ぐのにテンションが上がってて
「頑張って!」
と元気よく答えました。
3階の廊下を歩きながら私は綾に聞きました。
「ぶっちゃけさ。恥ずかしくないの?」
「優菜しか居ないし大丈夫だよ。体育の時とか何回も見てるじゃん」
「そうだけど、次悲鳴あげたら上か下どっちか裸だよ?」
綾は少し間をあけて
「ん~、結構開放的で悪くないかも」
と言いました。
「綾はMだね」
「そう?」
「うん。私なら一枚も脱げない」
と私が言った所で四階への階段に着きました。
上りながら私は
「次でラストだね」
と言いました。
「うん。頑張る!」
「ぶっちゃけさぁ、綾は全部脱ぎたいの?」
「え?」
と綾は驚いた声を出します。
私も何を聞いてんだろうと思いました。
すると綾は
「ちょっとね」
と笑いながら答えました。
「そうなんだ」
と私は言って四階へ着いた時に
「じゃあ、ここでルール変更ね」
と言って
「5階までは声を出しちゃだめ」
「ええ~」
と綾は笑ってます。
「いい?」
と私が聞くと綾は笑って
「審判の言うことは聞きます!」
と言いました。
「じゃあ、スタートね」
と私は綾に言って綾に背を向けて走りだしました。
走ると言っても暗いし地面にもゴミとか色んなものがおっているので小走り程度ですが…。
綾は
「えっ?ええ?」
といいながら私を追ってきます。
「ちょっと、まってよぉ」
綾が私に追いついたのは5階に上がってからでした。
私は綾に
「何回も声出したよね?」
と少し責める様に言いました。
綾は
「うん」
と言って少ししょぼくれた様でした。
少し意地悪しすぎたかな?と思い私は
「ははっ」
と笑って
「ごめんごめん!意地悪すぎたね。だから今のはなし」
と慌てて言いました。
すると綾は
「もう!マジで怖かったんだから!」
と私に抱きつきました。
「ごめんごめん」
と私は笑って綾の頭をなでなでしました。
綾は私からはなれて
「じゃあ、脱ぐね」
と言ってブラを取り始めました。
「ええ?脱がなくていいよ」
と私が言うと
「ルールだからね」
と綾はブラを取ってしまいました。
女の私が言うのも変ですが綾の胸の形は綺麗でツンと乳首が立っていてその乳首も小さくて可愛かったです。
私は綾に差し出されたブラを受け取って
「綾の胸綺麗だね」
と言いました。
「あれ?見たこと無かったけ?プールの時とか」
「いちいち気にしてみてないよ」
と会話を交わして綾はパンツに手をかけました。
「ちょっと恥ずかしいな」
と言って綾はパンツを一気に下へ下げました。
靴を脱いで足を抜き
「ははっ!脱いじゃった」
と笑いました。
私は変にテンションが高くて
「照らしちゃえ」
と綾の股を照らしました。
「やんっ」
と綾は声を上げて軽くだけ隠しました。
「綾。恥ずかしい?」
と私は笑って聞きました。
「ちょっとね」
と綾も笑って答えます。
「これって露出狂だよね」
「ええ~違うよぉ」
「何で?」
「だって誰も見てないもん」
「私は?」
「優菜は特別なの」
「なんだそれ」
と二人で爆笑してました。
笑いが少しやんで私は
「じゃあ、服着な」
と綾に言いました。
「うん!」
と言って今さっき脱いだパンツを履き私からブラを受け取って、スウェット、Tシャツ、パーカーと服を着ました。
服を着おえて綾は
「ありがと」
と言いました。
「いえいえ」
と私は答えました。
それから暫く街のほうの明かりを眺めてから私たちは帰宅しました。
綾の家に着いて、別れ際に綾は言いました。
「私たちって結構相性いいよね」
「だねっ!」
「付き合っちゃおっか」
と微笑んで唐突に言う綾に私は
「付き合う?」
と聞き返しました。
「もちろん周りには内緒でね。こっそりと」
「どういうこと?」
綾はニヤっと笑って
「彼氏彼女みたいな?」
と言いました。
私は想像もしていなかった言葉に少し言葉を詰まらせましたが
「いいよ」
と笑って返しました。
綾は私の手を取り
「やった!」
と言って私の唇にいきなりキス。
私は驚いて目を丸くしていると
「これからよろしくね」
と手を離して一歩後ろへ下がりました。
私は何だかおかしくなってきて大笑いしながら
「よろしくっ!」
と綾に手を振って見せました。
「んじゃ、帰るね!」
と私は続けて自転車にまたがりました。
「うん。また明日ね」
「うん。おやすみー」
私は綾にもう一度手を振ってから自転車を前へ進めました。
曲がり角で後ろをチラっと見てみると綾はまだ私を見送ってました。
女の子と付き合うなんてもちろん初めてです。
嬉しいような、突っ込みを入れたくなるような不思議な気持ちでした。
自宅へ帰った私の携帯に綾からのメールが届きました。
「絶対、秘密ね!」

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉