東武伊勢崎線

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 東武伊勢崎線

updated 2016-08-06

東武伊勢崎線

平日の昼間ということもあり、車内はガラガラ状態でした。
さすがはローカル線だなーと思っていたのですが、途中から中学生らしき女の子が3人乗ってきました。
カッペ丸出しだったので、その子たち自体に興味はなかったのですが、それに続いて乗ってきた男に釘付けになってしまいました。
中途半端に伸びたボサボサの頭に、だらしなく伸びた髭、ネズミ小僧のような出っ歯、やせ細った体。
それだけなら、余り見ないようにしようと努力しなければならないほどの危険人物なのですが、いきなりドア付近に立っている女子中学生たちの足元にしゃがみ込み、
鼻息が届きそうなくらいの超至近距離で太ももからふくらはぎの辺りを舐めるようにガン見なのです。
もうアングリでした。
最初、女子中学生たちは気付いていないようで、2駅くらいずーっと見られ、お尻の辺りも見られ、匂いを嗅がれているようでした。
たぶん、気付いていても何も言えなかったかも知れません。オレですら、注意しようとしましたが、逆に刺されたらと思うと何も言えないくらいでしたから、
彼女たちにしてみれば、もっと恐怖だったでしょう。
降りる駅もずーっと先だったので、横目でチラチラと見ていたのですが、女子中学生が降りるまで30分くらいずっと見てました。
心なしか、その男のジャージの前がテントを張っているようでした。
恐るべし、変態偉人でした。
以前はよく投稿したら面白そうな変態を見かけたのですが、いざ投稿しようと思うとなかなかいないものです。
今回は変態とまで言えるかわかりませんが、もしかしたらという視点で見たカップルです。
夜9時ころだったでしょうか、家に帰る途中のコンビニの駐車場でなわとびをしている女の子がいました。年齢は18くらいでしょうか。
高校生といわれれば、そうも見えるくらいの年齢です。
前には彼氏らしき男がタイヤ止めに座って、それを見ています。
女の子は黒のミニのキャミワンピを着ていました。太ももの中ほどから生足をむき出しにして、はだしでした。
二十飛び、三十飛びでしょうか、なわをビュンビュン鳴らして飛んでいるのですが、1~2回で「ピシィッ!」と生足の部分になわが当たるのです。
興味を引かれたので、店の中に入り、立ち読みするふりをしながら、その様子を見ていました。
女の子は自主的なのか、強制的なのかわかりませんが、何度も何度も飛んでは、「ピシッ!」となわを受けています。
そのまま10分ほど見ていましたが、女の子は止めるようすもなく、みみずばれを作りながら飛んでいます。
もしかしたら、新しいSMプレイなのではないかと思えるくらいです。
小学生や中学生なら体育の授業でなわとびのテストがあるので必死に練習するだろうけど、高校生、あるいは高校に行っていないかもしれないくらいの年齢です。
そう考えると、公開SMプレイ。
しかもなわとびを使った自虐SMプレイなのではないかと思えてきてならないのです。
そう思うと、このカップル、とんでもない偉人級の変態に見えてしかたがなかったのです。
でも、本当にそうだとしたら

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉