豊胸手術を受け女性の肉体を手に入れました

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験談 > 豊胸手術を受け女性の肉体を手に入れました

updated 2016-08-06

豊胸手術を受け女性の肉体を手に入れました

学生の頃から女性の体に強い憧れを感じて女装を趣味としていましたが、パットじゃ満足できず本当の胸の膨らみや括れがほしくなり、豊胸手術等を受け女性の肉体を手に入れました。
それが叶うと精巣を切除してペニスをペニクリ化して、マンコを持たない女性に生まれ変わりました。
女性となり生活を過ごしていたある日、電車で痴漢にあいました。その時、胸を揉まれ股間を触られた感覚に感じてしまい『アン。』と声を漏らしました。その経験から、男性に抱かれたらという未知の感覚を求めていました。再び電車で痴漢にあった時、相手が耳元で『ついてこいよ?オカマちゃん。』と言われ『じゃないとバラすぞ。』と言われ彼についていきました。彼は私を家に連れ込むと『可愛い顔してるけど、初めてかな?』『名前は?』と言われ『さおりです。』と答えると『いい名前だな。』と言われてから『脱げよ。』と言われ『そんな。』と言うと彼に服を剥ぎ取られ裸にされました。私は恥ずかしくて体を隠そうとした腕を持たれて左右共手枷をつけられ、両手を繋がれると天井から吊るされたロープにくくりつけられました。彼に体を曝し俯いていると『さおり、可愛い顔が台無しだな?』と言われ彼に胸を鷲掴みにされて『アン。』と言うと『胸は本物なんだな?』と言われ、ペニクリを触られ感じている私の顔を見て『感じやすいな?』と言われてから背後から胸とペニクリを刺激され『アン。アァン。』と声を出して彼の愛撫に酔いしれました。彼の愛撫でイカされてしまい初めての絶頂を体験しました。私がイッたのを確認すると『さおり、可愛い顔だったぞ。』と言われ『もっと気持ち良くなりたいよな?』と言われ不安を感じながら、もっと気持ち良くの言葉に逆らえず『お願いします。』と答えると、ロープを外し四つん這いにさせられるとお尻にヒンヤリとした液体を注入され急にお腹が痛くなり『トイレに行かせて。』と言うと私を抱き上げお風呂場に連れていかれ『ここでしろ。』と言うなりお尻に指を入れられて我慢できず排泄物撒き散らしました。私は極限の恥ずかしさで体が震えていましたが彼は何も言わずに排泄物だらけの私を綺麗に洗い、お尻の中まで洗われました。私は無抵抗なまま彼に抱き上げられるとベッドに運ばれ手枷を外され四つん這いにさせられました。排泄姿を曝した私は彼に逆らえずお尻に軟膏を塗り込まれ、お尻の穴に彼の指が1本から2本、3本とゆっくりと確実に拡げられているのに痛みを感じるどころかお尻を拡げる指が気持ち良く『アァン。』と声を出して喘ぎました。彼は私のお尻を拡げながら『さおり、敏感だな。』と言うと彼はペニスを押し当てゆっくりと挿入しました。最初はキツくて『ダメー。壊れちゃう。』と言っていたのに彼のペニスを飲み込んでしまい何とも言えない感覚に襲われてしまうと、自然と腰が動いていました。彼は私の腰に手を沿えゆっくりピストンをしながら『気持ちよさそうだな?』と言いながら少しずつスピードを早くされていくと私は『アァン。アァーン。』と喘ぎました。彼は『さおり、中に出すぞ。』と言うと私のお尻の中に精液を大量に注ぎ込まれて、今まで感じたことのない絶頂を体験しました。そのせいで私はアナルセックスの虜になっていました。
彼は私から離れたかと思うと『さおり、可愛いがってやるから、これを着ろよ。』と言ってヌメリ感と光沢のある水色のセーラー服を渡され、更にイヤらしいことをされると思いながらも着替えると体のラインがはっきりとして『似合ってるじゃないか。』『乳首もヤル気満々だな。』と言うと起った乳首を摘まれ『アァン。』と言うと『やっぱり可愛いな。』と言うと手枷をつけられ後ろで拘束されました。彼は私を膝まづかせると口元にペニスを近づけ『フェラしろよ。そうすれば、また入れてやるぜ?』と言われましたが『イャッ。』と顔を叛けると『いつまで我慢できるかな?』と言って私の口をガムテープで塞ぐと鼻をを塞がれ窒息しかけて苦しみかけた時、鼻で息をできるようにされたら紙の上の白い粉末を吸引させられました。吸引後、ガムテープを剥がしギャグを噛まされ『風呂に入ってくるよ。』『さおり、強がってられるのは今の内。』そう言い残すと出ていきました。放置された私は体がムズムズとして、涎がとまらなくなって体を動かす度に乳首が擦れて感じて全身が性感化しているのがわかりました。
彼が部屋に戻るとギャグを外し口にペニスを入れられてフェラをさせられました。そのまま口に出され生まれて初めてのゴックンを体験した後、手枷を外され『さおり、気持ち良くなりたいなら、どうすればいいかわかるな?』と言われ私は四つん這いになると『どうしてほしいか言えよ。』と言われ『入れてください。』と言うと『どこに?何を?』と言われ『お尻にペニスを入れてください。』と言うと『お尻?ケツマンコだ。それにペニス?ご主人様のおチンコだろうが。』と言われ『さおりのケツマンコにご主人様のおチンコを入れてください。』と言うと『素直にしないとな。』と言うと私のケツマンコにおチンコを挿入して激しく突かれました。私はご主人様のおチンコの動きに合わせ『アァン。アァーン。』と喘ぎながらイカされてしまい彼の専属性奴隷となっていました。

mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉