アチャー

アチャー

当時、僕は20才。専門学校に通っていました。
妹がそのとき高2で、制服の可愛い「M学園女子高(品川のほうにある)」に通っていたので、
いつかそれを着たいと思っていましたが、秋になって やっと、
そのチャンスができました。 その日は日曜日。
家族がそれぞれ用事があって、朝から家には僕一人でした。
昼前、いよいよ念願のオナニーをしようと行動を開始。
まず、全裸になりました。そして、チンコの根本を靴ひも1本できつく 縛り、
その次に本体、袋をボンレスハム状に縛りました。
それから、自分のアナルに鉛筆を3本挿入し、
全部入ったら、ガムテープで 自分の股間をふんどしのようにぐるぐる巻きにしました。
それから、いよいよ妹の部屋に侵入し、タンスを物色して、
かわいい下着を 選びました。 僕が選んだのは、
小さめのチェックのパンティと、白い普通のブラ。
それと、黒いストッキングと、幸運にもブルマーもありました。
全部着てみると、何ともいえない幸福感が押し寄せて、
自然と股間に 手が伸びていきました。しかし、
股間はガムテープで巻かれていて、 擦りたくてもできない状況です。
僕はまず、目当てである制服を着る 事にしました。
妹は僕と同じくらい背が高いので(165センチ)、
サイズはぴったり!スカート、ブラウス、ブレザー、ネクタイ・・・
僕のココロは完全に女子高生になりました。
鞄を持って家の中を うろうろしたり、ない胸を揉んでみたりしました。
でもやっぱり、股間が黙っていませんでした。
僕はそのとき、 オシッコがしたくなったのです。
どうしようかと迷ったあげく、 制服は汚すとまずいので残念ながら脱ぎ、
下着姿で風呂場に行きました。 そして、そのまま、オナニーを始めました。
当然、縛ったままですから、 チンコのあたりを叩いたりつねったりして、
快感に結びつけようと・・・。 僕は30分ぐらいして、そのままイッてしまいました。
すると、きつく 巻いていたガムテープの隙間から、
僕の精液が混じったオシッコが 勢いよく噴射しました。
僕はそのまま、自分のオシッコを浴びながら、 余韻に浸っていました・・・。


mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉