体験談

体験談

私は普通のサラリーマン、羞恥プレイに惹かれている精神的なマゾ
です。
以前はSMクラブに行ったりもしていましたが、今ではもっぱらネ
ットの写真や文章で処理する毎日でした。従来の私の願望は女王様
に全てをゆだね、女王様の前で恥ずかしいことをし、女王様の体液
をご褒美に頂くことでした。その延長として女王様に命じられて同性
のペニスを舐めたり、精液を飲んだりする妄想を抱いていました。
私はホモの気は全くありません。私は普段は男性には全く興味があ
りません。
しかし、マゾの世界に入った時は別です。女性以上に男性に支配さ
れることにさらに強い被虐感を感じるのです。男性の前で全裸にな
り、その男性に性的奴隷にされることを誓い、ペニスを舐め、おし
っこまでも口にする。これ以上惨めなことはありません。
男としてのプライドも社会的地位も捨て去り、男性に淫らな関係に
させられることにマゾとしての強いあこがれを抱いているのです。
そのような時、昨年ですが、ある投稿のHPでの男性の投稿に強く
惹かれたのです。
その方のメールを読み返しては妄想してオナニーを繰り返していま
した。その方のものだと妄想しながら、自分のおしっこや精液も飲
みました。
その方と会うことにためらいがありましたが、ついに意を決して逢
うことにしたのです。
恰幅のいい方で食事をしながら最初は普通の話題、そして性癖の話
題へ。
これから奴隷になってみるかと問われて私は、ためらいなくOKと
返事したのです。
その方の車に乗って郊外のラブホテルに入ると私は全裸になり、用
意してきた奴隷誓約書をその方の前で読み上げたのです。
この時から私はその方の所有物、性欲のはけ口になってしまったの
です。
ベッドにつれていかれ、いきなりご主人さまのチンポが口の中に入
ってきました。
洗ってもいないチンポ、独特の臭いと味がします。
しばらくご主人さまは私の口で遊ばれてからお風呂に行きました。
私はご主人さまのお体を洗って差し上げました。
再び部屋に戻るや、ソファに腰掛けたご主人さまは私をつかんで再
びチンポをくわえさせたのです。すぐに生暖かいおしっこが口の中
に広がりました。
あこがれていたご主人さまのおしっこ。生まれて初めて男性のおし
っこを飲んだ瞬間でした。意外と飲みやすい。ご主人さまは飲みや
すいように少しずつ出されます。チンポの下の部分が少し膨らむと、
パッと口の中におしっこの風味が広がります。
飲みやすかったのは事実ですが、全部は無理のようで、途中でお願
いして止めてもらいました。(今では反省しているのです、あのと
き全部飲ませて頂いておけばよかったと)次にご主人さまのお尻の
穴を舐めさせて頂きました。
これもマゾにとっては至福の行為です。
男が男の尻の穴を舐める、そして舌を穴の中に差し入れる。
私は必死になって穴に舌を差し入れた積もりですがまだ未熟だった
ようです。
最後にご主人さまのチンポを口と手を使って慰めで差し上げ私の口
の中に射精して下さいました。もちろん全て飲み干しました。


mee[1].jpg

SMプレイ
ソフトSM

smplay.jp


お問い合わせ
info@smplay.jp

営業時間
9:00~23:00

東京・神奈川・埼玉・千葉