変態パワー SM体験告白【SMプレイ.jp】

変態パワー SM体験告白【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM体験告白 > 変態パワー SM体験告白【SMプレイ.jp】

updated 2012-08-03

変態パワー SM体験告白【SMプレイ.jp】


SM体験告白(被虐的性行為)
高校の手続きとか、卒業式の準備とかで二月はお母さんがお父さんの所へ出かけなかったので、一人の留守はありませんでした。無事に卒業式を終えると、
お母さんから、春休みの時にお父さんの所へ行かない?とましたけど、お父さんは卒業式の日に来てくれたし、私は難しい高校入っちゃったから、少しでも勉強するよって言って、一人の週末を待ちました。
やがて、あと少しすれば桜の花が咲きそうに暖かくなった頃、お母さんはお父さんの元へ行き、中学時代最後の一人の夜がきました。
小雨の降る土曜日の午後、お昼ご飯を食べた後、お母さんがお父さんの所へ出かけて行きました。私はお母さんを見送って、
お母さんを乗せたタクシーがずっと先で道を曲がって見えなくなるまで待ち、その後自分の部屋に戻って全身が映る鏡の前に立ちました。
「恵です・・・高校に合格しました・・・恵は・・今日は・・・いっぱい・・・変態オナニーします・・・」
いやらしい気持ちが一気にあふれてきました。私は来ていた私服を脱ぐと、中学校の制服を身につけました。
今日、私は変態女子中学生を卒業して、変態女子高校生になる事を決めていたのです。今晩までは変態中学生として変態オナニーをしようと思っていました。
制服のポケットにマジックペンを入れると私は家を出て公園へ向かいました、まだ桜も咲いてないし、雨だから、公園のトイレで変態オナニーにはぴったりの日でした。
変態の神様が私のために一人の留守の時に雨を降らせてくれたのかしらとも思ったくらいです。
春になって暖かくなってきていたので、公園やトイレに誰かが来たら困るから、最初は女子トイレでオナニーしようと思っていたんですけれど、雨は降っているし、
公園の中を歩いていても誰とも会いません。今日も男子トイレでできるかしらって思い始めたら、(思い切り変態オナニーをするなら・・・男子トイレに入らなくちゃ・・・)と思い始めていました。
トイレの所へ着くと、周りに気をつけたりはしましたけど、私は前みたいに慌てないで、男子トイレにゆっくり入って行きました。普通に
、いきなり個室に入ったのでは面白くないって思った私は、個室のはいる前に制服のスカートに手を入れて、パンツを膝まで下ろしてから、入り口に向かうようにしてスカートの裾をゆっくり持ち上げました。
「恵のおまんこでオナニーしてください・・・」
前に見た落書きを真似て、いやらしい言葉を言った途端、外にお○んこを晒している自分に興奮してしまって、カーって身体が熱くなってあわてて個室へ逃げ込みました。
前に入ったときからずいぶん立っていたので、あの落書きとかは消されちゃったかなって思っていました。扉の裏を見ると、やっぱり前の落書きは消されていました。
でも、前の落書きとは別に新しい落書きが書かれていました。私は下着を下ろしたスカートの中に手を入れてお○んこをいじりながら、新しい落書きを小さな声で読んでいきました。
「変態露出狂の大学生です、今でもやっぱりここに来て素っ裸でオナってます。素っ裸でオナりながら個室を出て射精できる所って少ないから・・・、
どうしてもここに来ちゃいます。真っ昼間から・・・トイレなんかで素っ裸になってるとすごく興奮します、誰か他にもこんな所で変態オナニーしてる人いないですか?
もし良かったら変態オナしたこと書いといて欲しいです、変態オナニーって最高です!」
「変態オナニーって最高です!・・・変態オナニーって最高です!・・・」小さな声で繰り返しながら私は男子トイレの中で中学校の制服を一枚一枚脱いでいき、
靴と学校用の白い靴下だけになりました。そして、制服のポケットから用意したマジックペンを取り出すと、左手でお○んこを触りながら、いやらしい落書きの下に自分でも落書きを始めました。
「僕は変態の中学生です、中学生なのに変態露出狂で、素っ裸になって家の庭とか、道の上でオナニーして興奮していました。
お兄さんの落書きを見て興奮しちゃいました、僕も今、素っ裸でオナニーしながらこれを書いています。いくときは個室から出て「見て、見て、僕のオナニー見て」って言いながら、
いっちゃいたいと思います、個室の外に素っ裸で出て、オナニーしていっちゃう事を想像するだけで、興奮します。本当に変態露出オナニーって気持ちいいですね」
男子トイレに女の子が落書きをしたらおかしいですから、私は男の子を装って落書きを書きました。
落書きを書きながらお○んこをいじっているうちに、私は軽い何回かいってしまいました。それでも、
本当に変態オナニーしていくときは個室の外に出なくちゃいけないって思って、個室の外に出ていってしまおうと思ったんですけど、前にしたときとは違う変態的な事をしたくてたまらなくなりました。
何かしたいと思っていたら自分がマジックペンを持っていることに気がついたんです。私は、マジックペンのキャップをとって、自分のおなかのあたりに、
「恵の変態おまんこ見て」と横に書いてしまいました。マジックで直接身体に字を書くくすぐったい感触にも感じちゃったんですけれど
、そんないやらしい言葉が自分の身体に書かれているのを思うと、お○んこからエッチなジュースが止まらなくなりました。
まるで、私のいやらしさを誰かに見せるために、身体に書かれている様な気持ちになったからです。
制服を着れば見えない場所に、私は次々に落書きをしていきました。右の太ももには「変態露出狂」、左の太ももには「露出中学生」、
身体にも「お○んこ」とか、「オナニー見て」とか一杯書きながら、何度もお○んこを触りました。
書けそうな所にいやらしい言葉を書き終えて、私は鍵を開けてそおっとトイレの個室から外に出ました。トイレのフロアに出てすぐ、
入り口の近くにある洗面台の鏡が目に入りました、いくらなんでも、鏡のある場所まで出て行ったら外から見えちゃうって思ったんですけれど、
いやらしい落書きだらけになっている自分のいやらしい身体を鏡で見てみたくて我慢ができなくなってしまったんです。
お○んこをいじりながら、足音を立てないようにゆっくり、外に誰もいない事を祈って、私はとうとう洗面台の鏡の前まできました。鏡には、考えられないような、すごい変態の女の子が鏡に映っていました。
身体がガクガクって震えて興奮して、私は洗面台の前が道から見えるかも知れないかもしれないのに、そこでオナニーを始めてしまったんです。
「変態露出狂なんです、変態露出狂なんです、恵は変態露出狂なんです・・・」
変態露出狂っていう言葉を繰り返しながら、あっという間に腰がガクガク震えてようになっていってしまいました。落ち着いてみれば、
もし道を誰かが通れば私が丸見えだったから慌てて個室に戻りましたけど、いつまでも身体がガクガク震えていました。
身体の震えが止まると、あんまり男子トイレに長くいるとまずいかなって思い初めて、私は制服を着直しました。入るときもドキドキするのですけど、
そういう場所から出るときも見つからないかなって緊張感でドキドキします。結局誰も来なかったので、私は男子トイレで興奮する変態オナニーを楽しめました。
家に戻ってからも何度もオナニーをしました。もう、一秒でも長くオナニーしていたくって、ご飯食べるときもどかしくて、
裸のままお皿に並べた食べ物に直接口を付けては犬のようにご飯を食べ、ご飯を食べながらオナニーをしました。ご飯を食べながらのオナニーは結構変態的な感じで興奮しました。
昼間に身体にした落書きは一度お風呂に入って洗い流しました。私は深夜になるのを待ちました。
深夜になってからすることを私は決めいていました。素っ裸のまま、庭に出て、庭から道に出て、素っ裸のまま、公園の中の一番近いトイレまで行って、
そのあたりでオナニーをしようと思っていたんです。
深夜一時になってその時が来ると、私は素っ裸になって勝手口に降り立ち、そっと扉を開けてから庭に出ました。初めての時ほど緊張感もありませんし
、怖くはないですけど、やっぱり素っ裸でのお外は緊張しました。
左隣の二階に明かりがついていないことを見て、私は素っ裸のまま庭をゆっくりと歩いて裏の木戸へと向かいます。
裏の道路で素っ裸でオナニーした事は言いましたけど、初めから服を着ないで裏の道に出ちゃうの初めてだったので、
やっぱり足が震えるくらいドキドキしてきました。木戸を開けて、頭だけ少し出して、道路に誰もいないのを確かめると
、私はかけるようにして、裸足で夜の路上へ飛び出しました。裸で道の上にいるという緊張と不安を感じます。私は、周りを見ないようにして公園の入り口にかけて行きました。
公園の入り口までは、ほんのちょっとの距離なのにものすごく長く感じました、それに、暗いけどもしかしたら公園には誰かいるかも知れないとも思いました。
公園の入り口から一番近いトイレまでも十メートルくらいしかないのですけど、その間も私にはすごく長く感じたのです。
素っ裸のまま女子トイレに駆け込んでからやっと周りを見渡せる気持ちなれて、誰もいないとわかってから少し気持ちが落ち着きました。
そして、今度はエッチな気持ちが強くなっていったんです。
私は、素っ裸のままゆっくり女子トイレから出て行くと、トイレ前を通っている公園内の細い舗装道路の真ん中に立ちました。
その頃、昼間の雨はすっかりやんで、アスファルトもひんやりするけれど、乾き初めていました。
素っ裸で道の真ん中に立っていると、そんなところに素っ裸でたっている自分を思い浮かべて、エッチな気持ちが高まってきました
。私は、真ん中に裸のまま正座しました。そして、まるで誰かにオナニーを見てもらうような感じで、エッチな言葉でお願いしたんです。
「変態中学生の恵です・・・これから・・・こんなお外で・・・オナニーするんです・・・変態の、変態露出狂の恵のオナニー・・・見てください」
自分の言葉にすっかり興奮してしまった私は、正座のまま胸をもんでオナニーを始めると、次にはアスファルトの上に大の字に寝ころびました。
「オナニーって・オナニーって、こんなお外でしないのに・・・」
いやらしいことを言いながら、まるで自分の部屋でしている様に道の上でオナニーを始めました。私は段々、
アスファルトの上に寝そべってごろごろ転がりながらいやらしい言葉を言ってオナニーを始めてしまったんです。
「お外で・・・こんな所でオナニーしてるんです・・・恵・・・変態なんです・・・気持ちいいよぉ・・・」
アスファルトの冷たさがほてった身体に冷たくて気持ち良くて、アスファルトが素肌につく感じが裸で外に寝沿べっている事を実感させて、あっという間に私はいってしまったんです。
素っ裸のままアスファルトの上に横たわって、変態オナニーの余韻を楽しんだ後、私はゆっくり立ち上がりました。
二回目のオナニーは、立って歩きながらのオナニーです。普通はオナニーするときにしない事をしながらするのも変態オナニーの快感なんです。
「め・ぐみは・・・オナニーしながら・・・素っ裸で・・・おまんこ・・・いじりながら・・・お外を歩いて・・・います」
エッチな言葉を言いながらおっぱいを触って、おまんこをいじりながら、本当に最後にいってしまうときまで歩き続けます。
「いくの・・・歩きながらいくの・・・また、外でいっちゃうよぉ・・・」
最後はガクガクって膝から力が抜けて座り込んじゃったけど、歩きながらいくのも変態みたいで気持ちいいんです。
素っ裸のままトイレの周辺で何度も行っちゃった私は、あんまり時間が遅くなるとまずいかしらと思って、裸で家に戻ろうとしたんですけど
、何度も変態オナニーして興奮していたせいで、帰りは来るときほど緊張はしないで、公園内を裸で歩くときは、裸で歩いていることを実感しながら、ゆっくりと歩けました。
それでも、公園の出口から家の裏木戸まで戻るときは、やっぱり道の上だから緊張してしまって、周りを気をつけながら足早に、家の中に戻ろうとしたんです。
そうしたら、その時に家の裏の塀の沿って立っている電柱が目に入ってきてしまったんです。
私は素っ裸で外に出て少し冷えたのか、おしっこがしたくなっていました。そんな時に電柱を見て、私の頭の中には、犬のように電柱に足を向けておしっこをする、いやらしい自分の姿が思い浮かびました。
普段の時よりずっと、ずっといやらしい気持ちになっていた私でしたから、想像したらもうしなくちゃいけない気持ちになってしまっていましたし、
もっともっと変態な事をしてみたい気持ちにもなっていました。裏の木戸に入るのを止めた私は、道路をもう一度よく見回しました。
誰も来そうにありません、私は電柱の前に行って、道の上で四つ這いになりました。路上でそんな格好をしているのだって異常で恥ずかしいのに、
更に、ゆっくりと犬のように右足を上に上げていき、電柱の方に向けてお○んこを晒したんです。
「恵は・・・中学生の・・・女の子なのに・・・お外で、素っ裸で、犬みたいにおしっこするんですぅ・・・」
あんなにおしっこがしたかったのに、そんな格好をするとなかなかでませんでした。おしっこの代わりにエッチな液がどんどん出てきました。。
「め、恵はちゅ、中学生なの・・・中学生なんです・・・お外で・・お外で裸なんです・・・中学生なのに・・・変態なんです・・・
お外でオナニーして感じて・・・犬、犬みたいに、おしっこするの・・・変態、恵は変態なんですぅ・・・お、おしっこでるよ、お外で・・・おしっこでるよ・・・変態なの、変態なのぉ・・・」
私の股間からじゃばじゃばって、勢いよくおしっこが出はじめました、電柱に書けるつもりが、左足の方へいっぱいかかりました。左足におしっこの暖かさを感じながら、
私は、お○んこをいじってもいないのに、犬おしっこをしながらエクスタシーを感じてしまったんです。
次の日はお母さんが帰ってくるから家の中でおとなしくオナニーしました。それでも、変態なオナニーがしたかった私は、
今度入学する新しい高校の制服を着てオナニーしました。私は入学式の時に、オナニーしたときに着ていた制服で着ていったのです。
私は高校生になってから、クラブ活動とかはしていないですけど、風紀委員をしています。私がなんで風紀委員になったかは、やっぱり変態な事をするためです。
普段の自分と変態の時の自分の差が大きいほど興奮するのがわかったからです。
真面目そうな、風紀委員の女の子が、実は野外オナニー好きの変態露出狂だなんて・・・そんな事を思っただけでもドキドキしませんか?
風紀委員なのに、毎日のように放課後の学校のトイレで素っ裸オナニーをして、ノーパン下校をしています。
家に戻る途中に公園のトイレで素っ裸オナニーをして、家ではオナニー計画をしながらオナニーして、鏡の前でも、布団の中でもオナニーします。


見られてしまった  ヌルヌルのお尻

SM体験告白 一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。