後輩は性奴隷……7 SM小説【SMプレイ.jp】

後輩は性奴隷……7 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 後輩は性奴隷……7 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

後輩は性奴隷……7 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

本堂の前で手を合わせ、黙祷する。
黙祷であって、何かを祈願しているわけではない。
敢えて言うのであれば、亡くなった子の冥福を祈った。

「………………」

「………………」

手を下ろしても、互いに言葉は出ない。
この日、俺は朱音と一緒にお墓参りに来ていた。
だが、特別にお墓があるわけではなく、供養だけしてもらったらしい。
だから本堂で黙祷を捧げた訳だ。
だからといって、俺の罪が軽くなるわけではない。
俺が軽率なことをしなければ、、皆に祝福されて育まれたであろう大事な命に変わりはないのだから。

「私ね……」

帰りの道すがら、朱音が唐突に口を開いた。

「私、悠のこと……」

「わかってる」

恨んだり、憎んだりしてるんだろう。
そのくらい俺にだってわかる。
俺は、朱音に大きな傷を負わせたことを自覚しているつもりだ。
朱音はもちろん、他の女だって幸せにする価値もないし、権利もない。
だからあの日以来、俺には恋人という関係の異性はいないんだ。
朱音の言葉を遮ったせいか、彼女はまた口をつぐむ。
しかし、また重い口を開けて言葉を連ねた。

「……やっぱり悠は悠だった。私の知ってる、あの頃のまま」

一瞬の強い風が朱音の声を切らせた。
サラサラと靡いた薄茶色の髪を耳にかけ、彼女は続ける。

「だからわかるの。きっと悠は……一人で背負ってる」

人一倍責任感が強いから、と朱音は一度区切りを付け、大きく息を吸った。

「でも、私も同じ罪を背負ってる。私がもっとしっかりしてたら、それは避けさせてたと思う。たとえ、そういう関係でも」

そういう関係。
これが指すものは、「恋人」ではない。
主従関係のことだ。

「だから、あまり自分を責めないで?私は大丈夫だから」

もちろん、亡くなった子を蔑ろにした発言ではない。
俺が朱音のことを気にかけているのが、それとなく伝わっていたようだ。
彼女は人一倍察しがいいからな……。

「そっか」

情けないことに、俺はこれだけ言うのがやっとだった。
長い沈黙が俺たちを包み込む。
それを破ったのは朱音の方だった。

「あのね……」

少し思案するような仕草を見せた彼女は

「ううん……ごめん、何でもない」


義母はご主人様【第三章・序章】  義母はご主人様【アナル調教編2】

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。