わたし SM小説【SMプレイ.jp】

わたし SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > わたし SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

わたし SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
「ご主人が豹変したのはいつからですか」
「結婚して一緒に暮らし始めた日からです。その日の夜に無理やりフェラチオさせられ、瓶で犯されました」
「そのぐらいは、よくあることですよ。」
「寝ている間も私の口に無理やり硬いアレを突っ込んで、咽を責めたの。何度も苦しくて目が覚めたんです」
「朝はどんなでしたか」
「朝起きると、彼はひと足はやく起きていて、わたしの下着をたくさん出していました」「ご主人は何をしていたの」
「私のブラにも、パンティにもハサミやカッターを使って穴を開けていたの。お気に入りのブラウスにも穴を二つ開けてたのよ」
「何のために」
「きまってるじゃないですか。乳首を出す穴と挿入しやすいようにする穴」
「家にいるときはいつもその服を着せられるのかしら」
「そうよ。それに家にいるときだけじゃなくて、お出かけするときも」
「恥ずかしいでしょう」
「恥ずかしいわ。恥ずかしくて、熱い夏でも軽いジャケットをはおらないと外に出られない」
「穴の開いたパンティーも履かされるのかしら」
「そうよ。大きな穴が開いてるから、電車に乗って座ると、向かいのひとに丸見えなの。わたしのあそこ」
「あなたは感じないの」
「恥ずかしくて感じない」
「正直に言いなさい。恥ずかしくて感じるんでしょ」
「そうよそうよ、認めるわ。恥ずかしくて感じます。」
「見られると感じるのかしら」
「はい、見られると感じます」
「それじゃあ、もっと窓際に寄って、脚を開きなさい」
「見てくれてるの」
「見てあげてるわよ」

留美子は大きなスクランブル交差点の脇に立つガラス張りのビルの二階を単眼の望遠鏡でみた。喫茶店の窓際のカウンターに並んだ人影の中から、脚を大きく開いた優子を見つけて、彼女の股間を凝視した。

「わかってるでしょ。ご主人にさせられたことをしてもらわないと、相談に乗れないわ」留美子が携帯で指示を与えた。
優子が足元のバッグから大きなバイブを取り出すのが見えた。

優子はすこし腰を浮かせるようにして、バイブの先をアソコに入れた。それから浅く座り直して、一気に長いバイブを挿入した。


女神讃歌2  自分でも怖いほどのM

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。