看護学校生・彩音!18歳!その6 SM小説【SMプレイ.jp】

看護学校生・彩音!18歳!その6 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 看護学校生・彩音!18歳!その6 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

看護学校生・彩音!18歳!その6 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
閉店時間になり、レジスタッフの彩音を残し他のスタッフは帰しました。「店長、彩音ちゃんも悪気は無かったから!許してあげてね!」
化粧担当スタッフが優しく話し掛けました。
「当たり前だよ、報告書だけは出しとくけど。」彩音は、私にピンクローターとウン筋パンティを見つかり、動揺してお客様からのお札を勘違いしていたのでした。
もはや、店内には私と彩音だけでした。
「彩音ちゃん!駄目だよ。こんなモノを仕事場に持ってきちゃー!」
報告書を書く机の上で、音を上げて回るピンクローター。
彩音は黙ったまま、下を向いていました。
「金銭授受を間違えた原因は、不謹慎なモノを見つかり動揺しましたって事でいいよね?」
「お願いです!店長、本社にも店のみんなにも黙ってて貰えませんか?」冷静に考えれば判る事だが、その肉体と一緒で、彩音の頭はまだ若く、世の中が見えていませんでした。
「いいよ!その代わり今晩一晩は、彩音の肉体・カラダを好き放題にしてもいいかなぁ?」
一瞬、戸惑った彩音でしたが、意を決して私に告げました。
「店長、今晩の一回だけでいいんですよね?分かりました。」
聞き分けの良い、彩音でした。
「そうと決まったら、此処だとマズいからラブホに行こうね。」
店の制服から、看護学校の制服に着替えさせ、店を後にしました。
車を走らせて間もなく、彩音は自宅の母親にメールをしていました。
すると、母親からの心配する電話がありました。「あっ、お母さん。うん、今晩は友達の所に泊まるから!」
私は車を歩道側に停車させて、電話中の彩音の看護学校の制服スカートを捲り、黒タイツの上からムチムチ・パンパンの太ももを撫で回しました。「あっ、ふぅん。んんっ!な、何でもないわ、お母さん。ちょっと眠いだけ!」
ルームライトを点けて見てみると、ムチムチ・パンパン太ももに張り付いた黒タイツは、今にも破ち切れんばかりでした。電話の向こうの彩音の母親は、此方の好都合な事に心配なのか長電話でした。
「ウゥン、わ、分かってるって!べっ、別に何ともないわ!」
私はワザとローターのスイッチを入れ、彩音の携帯電話に近づけました。彩音は慌てて、自らの手でローターの動きを押さえて、残り片方の手で音が洩れないように携帯を押さえていました。 そうこうしている内に、彩音も感じ始めたのか声のトーンが甘くなり始めていました。
調子に乗った私は思い切って、彩音のムチムチ・パンパン太ももに張り付いた黒タイツを破りました!
「ビリビリッ!」
「キャー!エッ?ウソー!イヤッ!」
車内に鳴り響く、黒タイツが破れる擬音!
それに著しく反応して、声を上げた彩音。
もはや、彩音の母親は完全に気付き、疑っているようでした。
彩音の母親は興奮して声が大きくなり、何を会話しているのかハッキリと聞き取れました。
「彩音ちゃん、何か変なコトでもしてるの?」
私はズボンとパンツを一緒に脱ぎ、ビンビンに勃起したアラフォー親父チンポを、彩音に見せ付けました。
即座に横を向き、見ようとしない彩音でしたが、黒タイツが破れ露わになった股間を弄っていると感じているようで、ウィンドーの反射越しにチンポを見始めていました。彩音の母親は尚も食い下がり、どの同級生の家に泊まるのか、問い質していました。
じれったい私は思い切った行動に出ました。
彩音の手をチンポに導きました。一瞬、手を離そうとしましたが、その手を掴み私の手を添えて、そのままゆっくりとした動きで上下にしごかせました。
「アァ、彩音ちゃんの手のひら、柔らかくて気持ちイイよ!」
彩音もすっかり興奮したのか、私が手を離しても自分の意志でアラフォー親父チンポをしごいていました。
「ちょ、ちょっと彩音!聞いてるの?彩音ちゃん?」
いつの間にか彩音はアラフォー親父チンポを凝視しながら、リズミカルに上下にしごいていました。
私は更に思い付きました!
彩音の母親に、まだ18歳の実の娘のアラフォー親父チンポをしゃぶりまくるフェラチオ音を聴かせてやる事を!


つがいの奴隷  妻奴隷 第7章 魔性4

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。