妻奴隷 第7章 魔性1 SM小説【SMプレイ.jp】

妻奴隷 第7章 魔性1 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 妻奴隷 第7章 魔性1 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

妻奴隷 第7章 魔性1 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
「もう…始めても…」
「そうですね。始めましょうか?」
俺は川上氏と森内君に視線を向ける。
今回のプランはあかり、ユリ、裕香の3姉妹の夫婦がユリ夫婦の自宅で夕食会をしている。料理が余ったのでそれぞれに友人知人を誘わせプレイをする。
「始めましょう。ユリ。」
俺はユリに声を掛ける。
「はい…」
ユリが携帯を手にコールする。
「もしもし…久しぶり。元気にしてた?」
たわいない会話が続く。以前、ユリの送別会で来たことのある後輩のようだ。
川上氏がユリの後ろから乳房を絞り出すように揉み乳首に刺激を与える。
「あっ…なんでも無い…いっ…」
川上氏の乳責めはあかりさん、ユリ、裕香ちゃんを今までさんざん狂わしている。
「大丈夫?これから来れる?あっ…いっ…いっ…」
乳責めに性感を掘り起こされユリの乳首から噴き出された母乳でブラウスがみるみる濡れていく。
「あっ…あぁ…あのね…他にも…誰か…誘って来ていいよ…あっ…くっ…なんでも無い…大丈夫…」
言葉とは裏腹にユリの乳房は濡れたブラウスに貼りつき隆起した乳首からは母乳が滴り落ちる。
「出過ぎてますね。止めますよ。」
川上氏がブラウスから突き出した乳首にニップルリングを取り付け乳首の根元を絞り上げる。
「は…ひぐっ…うん…はぁ…大丈夫…ひっ…」
母乳の噴出を止められた乳房を川上氏が激しく揉みしだく。
「くっ…大丈夫…待ってるから…あっ…近くに…きたら…あぁ…電話して…ひっ…いっ…くっ…」
電話を切ると同時にユリの体が跳ね上がる。川上氏が乳首からニップルリングを取り外すとユリの痙攣と同期して母乳がほとばしる。
「あっ…だめ…あぁ…」川上氏がユリを連れて調教部屋に向かう。おそらく執拗な乳責めに幾度と無く逝かされ続けられることだろう。
ユリの希望。
拘束され執拗に乳責めをほどこされ逝き果てる事。
ユリの被虐性を高める責めが始まろうとしていた。
「あかりさん、どうぞ。」
「あっ…はぁ…あっ…はい…くっ…」
ユリの痴態を見せつけられ森内君があかりさんにパイズリを強いている。乳首を引っ張り豊かな乳房の谷間をより深くしたくましいペニスで谷間を犯す。深く押し込みあかりさんの口に亀頭を挿入する。


看護学校生・彩音18歳!その2  女装子拉致監禁陵辱

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。