私は女王様家主3 SM小説【SMプレイ.jp】

私は女王様家主3 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 私は女王様家主3 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

私は女王様家主3 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

村井君、舐めてあげるね。それとも吉田君みたいに、わたしの乳首をおしゃぶりしながら自分で擦るほうがすき?


そう聞いたら、村井君、留美さんにしゃぶって欲しいと正直に言ったわ。

村井君のペニスはとても大きい。たんねんに上から下まで、何度も裏筋を舌で舐めてあげた。


それから喉奥まで頬張って、先端をこすってあげた。途中で村井君、わたしの頭を上から押さえつけて、激しく動かした。喉の奥に彼のモノがぐりぐり押し付けられた。何回かそれを繰り返すうちに、村井君、すっかり放出した。

わたしそれを全部飲んであげたよ。

吉田君に乳首を舐められて、村井君に喉を襲われて、わたしすっかり感じちゃった。

あそこはグショグショ、入れたくて入れたくてたまらないわ。

まだ、こらえてる四人の名前をわたし呼んでみた。

木下君、田村君、斎藤君、谷川君、興奮してるんでしょ?

はい。みんな目を血走らせてる。すっかり放出した二人は、いつの間にか椅子から降りて、フロアーにあぐらをかいたり、足を伸ばして座ってる。

四人とも、椅子セックスしてあげるね。

わたしはそう言いながら、その場でパンティだけ脱いだ。

ペニスを出してごらん。

はい、いちばん速く出した木下君から始めるね。

木下君のステキな顔を見たいから、わたし、向かいあうような体位で木下君の膝に跨がった。


屹立したそれの根本を押さえながら、そのまま、アソコを真上から下ろしていく。

うぐっ。この入っていく感覚がたまらないわ。


めりめりと肉が引き裂かれる音が聞こえる錯覚に陥るわ。

でも、愛液がたっぷり出てるから、後はすんなりわたしの中に収まったわ。

田村君の肩に両手を置いて、わたしリズミカルに腰を上下に振ったわ。そのうち、田村君は仰け反って、中に放出したわ。わたしも大きな叫び声をあげて果てたわ。

でも、あと三人、椅子セックスで抜いてあげたいの。

ほんとの事を言うとね、椅子に座ってる人に後ろから犯されてる感じを味わいたいの。

それで斎藤君には後ろ向きに跨がってみた。斎藤君の長くて硬いアレがギュンギュン押し込まれてくる。


あっ、感じる。
斎藤君、胸に腕を回して、わたしの敏感な乳首も触ってくれる。


ありえない不妊治療  私は女王様家主2

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。