契約彼女3 SM小説【SMプレイ.jp】

契約彼女3 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 契約彼女3 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

契約彼女3 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

本当にいいのか……と、自問自答を繰り返している俺。
夏合宿を1週間後に控えていたある日、俺はお金を下ろすべきかどうか思考を巡らせていた。
と言うのも、今手をつけようとしているのは、元カノの住む地に行くための交通費等を預金している口座なのだ。
単純に考えてもうそこへ行くことはないのだが、しかし友恵との交際費に充ててしまって本当にいいのだろうか……。
一人うんうん悩んでいたのだが、行員の怪訝な眼差しに後押しされ、とうとう俺はお金を下ろすことに決めてしまったのだった。
本当に終わったんだな。
元カノとの関係に終止符が打たれたことを改めて実感しながら、俺は家路についた。
盆の時期が始まったばかりだというのに、友恵は実家に1泊だけして戻ってくると言う。
そして今日の夕方までに俺に会いに来るそうだ。

「早く会いたいんですっ」

と言ってはいたが、真意は知らない。
南中高度から少し西へ傾いた太陽に晒されながら、漸く見えてきた自宅のドア。
鍵を差し込み、捻り、開け放つと、見覚えのある白いミュールが目に飛び込んできた。

「はやっ!」

思わず声を上げていた。
それを聞き付けてか、メインスペースへ続く短い廊下の向こうにあるドアの磨りガラスに、人影が写り込んだ。

「仁さんっ!」

言うが早いか、友恵は思いっきり開け放ったドアもそのままに俺に駆け寄ると、飛び込むという形容がぴったりなほどの勢いで抱きついてくる。
まるで、父親の帰りを待ちわびていた子供のようだ。
しかし胸元から俺を見上げるその表情は無邪気な笑顔ではなく、寧ろ今にも泣き出しそうなくらいに切迫していた。
地元に帰りたがらない俺には、その表情の理由がなんとなくわかってしまう。

「どっか行こっか」

そんな友恵を不覚にも可愛いと思ってしまった俺は、自分の内心を誤魔化すようにそう言っていた。

「……はいっ」

彼女は嬉しそうにそう答える。
無理に笑顔を作って。
でも、ここで悲しみ合っていては何のための関係なのかわからなくなってしまう。
半ば自分にそう言い聞かせていた。


契約彼女4  緊縛される(体験記)

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。