後輩は性奴隷……3 SM小説【SMプレイ.jp】

後輩は性奴隷……3 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 後輩は性奴隷……3 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

後輩は性奴隷……3 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

「夜勤……ですか?」

バイトが終わり、制服を脱いで帰ろうとしていた俺に、夜勤のトップ的な存在の人が話を持ちかけてきた。

「うん。悠君も来年は就活やろ?今のうちに金を貯めといた方がいいと思うねん。……ってか、俺以外の夜勤勢が就活で融通きかんってのが本音やけどな」

と、苦笑を滲ませる。
この人はフリーターで、名は清瀬と言った。
確かに夜勤は時給が良く、1・2回生のうちに人以上に単位を稼いでいた俺にとっては悪い話ではない。
だが、即答するのは躊躇われた。

「ちょっと考えさせてください」

同じコンビニの夕勤と夜勤とはいえ、一から覚えなければならない仕事もあるだろう。
何より、夜10時から翌朝7時までとなると、体力的にもキツイ。
他にも、多少とはいえ授業を登録しているし、部活との兼ね合いもある。

「そうなるわな」

と清瀬さんはまたも苦笑して

「まぁ、ちょっと考えといて」

と軽い調子で俺の肩を叩いた。
小さく挨拶をした俺は、コンビニにを出ていた。
4月も半ば差し掛かっている。
通常授業も始まっていたこの時期の夜は、冬の名残を感じさせた。
下宿先には結衣がいる。
彼女には合鍵を渡してあり、バイトが終わる前に連絡をしていた。
でも、なんだか今日は……今夜は彼女を責める気にはならない。
自分の今後や将来のことを突きつけられた、そんな大きな事を考えさせられる機会に直面したせいかもしれない。
俺は何故この大学に入ったのか。
何故写真部に所属しているのか。
何故……。


妻奴隷 第3章 無限3  後輩は性奴隷……2

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。