義母はご主人様【アナル調教編2】 SM小説【SMプレイ.jp】

義母はご主人様【アナル調教編2】 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 義母はご主人様【アナル調教編2】 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

義母はご主人様【アナル調教編2】 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
では…

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
一哉は、四つん這いでガレージに行った。ガレージは、二十畳ほどの広さでコンクリートの打ちっぱなしで出来ている。一哉は、ガレージに着くと、ドアを開けて薄暗いガレージの中を裸足で冷たいコンクリート上を歩いて入る。
ガレージには、和子の赤いボルボが置いてあった。ガレージの脇には、洗車用の水圧で吹き出すノズルの付いたホースが蛇口に取り付けてある。そこに、バスタオルと石鹸がコンクリートの床に投げ捨ててあった。
一哉は、水道を出す。冷たい水に少し驚くが、直ぐに水を付けた石鹸を体に擦り付ける。
〔冷たい!でも早く戻らないと…〕

和子には、早く戻るようには特に言われてはなかったが、もし、遅くなったりしたらどんな酷いことをされるかもしれない。
一哉は、汚れた体を隅々まで洗う。あまりの水の冷たさに一哉のペニスは縮みあがって、情けない形に変化する。
〔あぁ…また、ご主人様に笑われる…〕
思いと反して一哉は微笑む。恥ずかしさがあったが、それより、和子の嘲笑は一哉にとって至福の御褒美となっていた。
体を洗い終わった一哉は、バスタオルで体を拭きながら
「ご主人様…誰と電話で話してたのかな?僕が調教いただいていることを話していたみたいだけど…」
浣腸で、痛む腹を堪えながら和子の電話での会話を思い出しながら一哉の心に黒い闇が広がる。


後輩は性奴隷……7  聖なる生贄2話

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。