義母はご主人様【淫欲の階段編】2 SM小説【SMプレイ.jp】

義母はご主人様【淫欲の階段編】2 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 義母はご主人様【淫欲の階段編】2 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

義母はご主人様【淫欲の階段編】2 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

○○○○○○○○○○○

和子と遼子は、恵美に案内されて先ほどのリビングの隣の部屋に入った。
そこは、カウンターバーがあり、ウイスキー・ブランデー・バーボン・スコッチなどの洋酒が並んでいた。
和子と遼子は、カウンターに座る。恵美はカウンターの中に入って下の冷蔵庫から冷えたビァグラスを3つ取り出す。そして、カウンターに備え付けてあるビァサーバーから冷えたビールをビァグラスに注ぎ込む。
三人はビァグラスを持ち笑顔でグラスを合わせる。

「かんぱ~い!!」

和子は、一気に半分まで飲み干すと
「楽しかったわ!遼子さん、恵美さん!有り難う!」
遼子は、グラスをカウンターに置いて
「お礼だなんて、私こそ楽しませて貰って(笑)和子さん!有り難うね。しかし…ワンちゃん感じやすい体なのね(笑)」
和子は、恵美にビールを注いでもらいながら

「直ぐにチンポ膨らますのよ(笑)はしたない犬でしょ(笑)」

恵美はビールを注ぎながら
「ちっちゃいですが、元気なチンポですね(笑)」

和子は、恵美に微笑みながら
「元気、元気よ!今は蝋で塞がれてるけどね(笑)」
三人は爆笑する。

遼子は恵美に
「恵美!ワンちゃん見せて頂戴!」
と催促する。

恵美は
「分かりました。」
と言ってカウンターの下からテレビモニターを出した。
和子が不思議そうに
「何?それ?」
と言うと遼子は、笑いながら
「この部屋は、カウンターバーに使ってるんだけど、隣でパーティが開かれたら、隣のリビングにお酒を作って運ぶ部屋でもあるの。」
和子は、感心して
「ふ~ん」
遼子は、ニャッと笑いながら
「その時、カウンターの中には専属バーテンがいるんだけど、隣で誰のグラスが空か確認して、注文より先に作って持っていくのよ。」
と言ってモニターのスイッチを入れる。
画面には確かに隣の部屋が映っている。
恵美は、カウンターの下にある操作パネルを動かして、隣の監視カメラを操作して一哉を探す。
和子が、画面を見て叫ぶ。
「あはは(笑)いたいた!」
画面にはビニールシートに横たわった一哉が映し出された。
三人は、一哉の無様な格好を見て、ビァグラスを揺らしながら大笑いする。
「情けない格好(笑)」
「蝋燭を垂らした所が赤いビキニ着けてるみたいね(笑)」
「恵美さん!もっとアップできないの?」
恵美は、微笑み
「もちろんですわ。何処をアップいたしますか?」
和子は、ニヤニヤ笑いながら
「バカ犬の泣き顔見せて(笑)」
「分かりました。」
と言うと恵美は一哉の顔を画面一杯に映し出す。

画面に映し出された一哉の顔は、和子のショーツから飛び出した目からはポロポロと涙を流し、口から半分ショーツを出して涎を流して呻いている。

三人は、涙を流して笑い転げる。

一頻り笑った後、遼子が二人を妖しい眼で見ながら
「二段階目行きましょ!」と微笑むと


爆乳ドM女⑭  妻奴隷 第3章 無限7

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。