妻奴隷 第8章 侵食1 SM小説【SMプレイ.jp】

妻奴隷 第8章 侵食1 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 妻奴隷 第8章 侵食1 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

妻奴隷 第8章 侵食1 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
仕事の疲れと前日の夜にユリを責めた疲れが重なり起き出す事ができなかったのだ。
まどろみの中でペニスに生温かい感触が伝わる。自分でもわかるくらいにペニスがいきり立ってくる。
「あはっ…んっ…大きく…んっんっ…らってきた…」
目覚めかけてきた意識にユリの声が届く。舌がペニスを這い回り亀頭に絡みつく。
「あぁ…甘い液…出てきた…んっ…おいひぃ…んっ…もっと飲まして…」
左の指先が睾丸を揉み、右手がゆっくりとペニスをしごく。唇で亀頭を包み込んだまま、舌先が分泌された液を絡め取る。
「ユリ…おはよう」
「あぁ…あなた…おはよう…んっ…んっんっんっ…」
「何回目?」
「んっんっ…3回…かな…あぁ…また…いっぱい出た…あぁ…ユリ…いっぱい飲んでるの…透明の…おいしいの…あぁ…んっんっ…それで…」
「…どうした?」
「飲むたびに…やらしい気分になって…あぁ…寝てる間に何回もおしゃぶりして…でも…途中で小さくなって…」
「そうなのか?」
「そう…だから…あっ…精子は飲んで無い…濃いのがいっぱい欲しいのに…あっ…んっ…でも体が熱くて…自分でいっぱい着けて…あっ…んっ…何回か逝っちゃった…あっ…」
「それだけかな?精子が欲しかったんだろう?」
「…ごめんなさい…我慢できなかったの…あっ…んっ…あっあっ…」
「ユリは久しぶりにお仕置きをしてほしいんだね。」
「そんな事無いの…あの時は…我慢できなかっただけ…あっ…」
勢いよく布団を剥ぎ取る。
「こんな格好で行ったんだね。」
ユリの体には亀甲に皮ベルトが食い込み乳房を絞り出している。乳首はクリップで挟まれローターが振動を与えている。ヴァギナとアナルには巨大なディルドが固定されモーター音が唸りを上げている。ユリはこの格好で青年にフェラチオ奉仕をしに行ったようだ。
「あっ…そうです…公園で…着くまでに…あぁ…何回も逝って…あぁ…あなた…ごめんなさい…おしゃぶりしながら…あぁ…ごめんなさい…あぁ…他の人にあぁ…中に…いゃ…出されて…ユリは…何回も逝って…あっ…」
ユリのヴァギナとアナルのディルドを抜く。抜くと同時に両穴から精子が溢れて出す。
「ユリ…新しい宴を始めるよ」
俺はユリの乳房を鷲掴みしながら指先で乳首を押しつぶした。


ひろこさん  キャリアウーマン…番外編

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。