「初心者の方、メール…」⑦ SM小説【SMプレイ.jp】

「初心者の方、メール…」⑦ SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 「初心者の方、メール…」⑦ SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

「初心者の方、メール…」⑦ SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

「ユウはそういう願望もあるんだよね。どんどん目覚めていくといい。」

しばらくチャットで会話をし、帰ることにした。
部屋を出ようとした時、足元に折り畳んだメモが落ちていた。
『さっきはどうも。○○番にいる。』

見られてたのかな。そう思うと疼き始め、ドキドキした。愛液が太ももを伝った。
気なるけど帰ることにしよう。

歩いているとメモにあった部屋がすぐそこにあった。
私は無意識にその扉を開けていた。
さっきの男だった。
私に気づき、手を引き、中へ導いた。すでに下半身を出して一人楽しんでいたようだった。

男の目が鋭くなり口に笑みが浮かんでいた。静かな中、男が耳元で囁いた。
「さっき、見てたよ。裸でオナニーしてたよね。おっぱいも見せて。揉んで見せてよ」ニットを上に上げ、ゆっくりと揉み上げた。男は鼻息を荒くし、おちんちんをしごき始めた。私を引き寄せ乳房を口に含み、吸ったり転がしたりしていた。私も恥ずかしさが無くなりかけていた。強弱のある愛撫に朦朧となり、くねくねと腰を動かしていた。
男はしごくのを一旦やめてオマンコに指を入れて、ぐりぐりと掻き回した。オナニーの快感が呼び戻され、更にスポットを突いてくる指に酔いしれ牝と化していた。

途中、携帯が鳴った。男はヤバい、と顔色を変えて「ごめん、仕事中なんだ。ここに連絡して」と携帯の番号とアドレスを手渡し、慌てて出ていった。


私はどこかホッとしていた。浩樹様に対しての罪悪感を感じていたからだ。


私も何も無かったようにネカフェを後にした。

帰り着き、メールをした。ネカフェでの出来事には触れなかった。

「今日はありがとうございました」


爆乳ドM女⑬  爆乳ドM女⑫

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。