契約彼女4 SM小説【SMプレイ.jp】

契約彼女4 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 契約彼女4 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

契約彼女4 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

「つか、あちぃー」

と独り言を吐き出し、煙草を口に運んだ。
ここは北陸のとある県。
海沿いの旅館に泊まりに来た、2日目の朝である。
青い海に白い雲。
そして、溶けそうな程の高い気温。

「あちぃー……」

口癖のように呟き、右腕に止まる蚊を叩きつけ、寸前で飛び立ったそいつを目で追いかけ回す。

「んんー……はぁ~」

旅館から出てきた人物は大きく伸び上がり、清々しく息を吐き出した。
美佳ちゃんだ。

「おはようございますっ」

「おはよー」

煙草をふかす俺の横に腰を下ろした彼女は、眠気眼を擦りながら

「先輩、眠そうですね」

と訊いてくる。

「そう?」

貫徹ですが、何か?
夏合宿では、俺たち3回生は1回生を教えるのがメイン。
アフターフォローも含めて、暖かい眼差しで見守るのが主な役目だ。
しかも、制作室という室員の一人である俺は、同じ班の1回生室員に付き添い、原稿直しや音源チェックなどを行っていた。
録り直すかどうかを決めるのもその班の制作室員なので、何度も聞き直したり、いくつか録った中から厳選したりする作業も加わる。
まぁ、これは録音して作品を作るラジオドラマだからこそできることなのだが。
余談だが、番組は制作室、アナウンス室、技術室のメンバーがいて初めて成り立つ。
番組構成を考える制作室のディレクター、情報収集や原稿を書くアナウンス室のアナウンサー、音を合わせたり編集する技術室のミキサーが必要なのである。
そして美佳ちゃんは、夏合宿ではとても優遇されるアナウンサーなのだった。

「で、どしたの?」

「冷房がヤバくて……」

確かに、機材が熱を持つため冷房をガンガンに効かせている。

「ホットレモン飲んだ?」

「ホットレモン?」

ったく……アナウンス室の奴は何教えてんだよ。

「ホットレモンは喉にいいから、一応飲んどくといいよ。室長に言ったらくれると思う」

「わかりましたっ。ありがとうございます」

美佳ちゃんは弾けるように笑い、腰を上げた。
その天真爛漫な笑顔に、またグッと惹き付けられた気がする。
肩に毛先の掛かる明るい茶色の髪を弾ませ、美佳ちゃんは中へ戻っていく。


契約彼女6  契約彼女3

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。