妻奴隷 第5章 淫女1 SM小説【SMプレイ.jp】

妻奴隷 第5章 淫女1 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 妻奴隷 第5章 淫女1 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

妻奴隷 第5章 淫女1 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
週末に午後からの休暇を取り出掛ける。
夜勤明けのユリは既に身仕度をすませ待っていた。
「用意は出来てるみたいだね。行こうか。」
「うん…服これでいいかな…スカート長くない?」
「大丈夫だよ」
「そう…じゃぁ行こう。」
決して長くないミニスカートの長さを気にしながらユリは車に乗り込む。助手席に座ると、ユリのスカートはずり上がり太ももが露わになる。視線を移すと運転席からでもたやすく綺麗に手入れされた恥丘を見ることができる。
「しっかり見えてるから大丈夫だよ。」
「うん…でも久しぶりだから…今日は…」
「うん?」
「立ってても見えそうな…ギリギリのスカートにしようって思ってたの。」
「そうだったのか。でも今日はそれの方がいいよ。」
「わかった。その代わり今日はいっぱいね。」
俺は頷いて車をスタートさせる。
「とりあえず注文した商品を取りに行くから。」
「もう入ってきたんだ。楽しみ。」
言うとユリは俺のスラックスのジッパーを下げ、ペニスを引きずり出す。亀頭に唇をかぶせるとゆっくりとした動きでストロークを開始する。
車の中、レストラン…。事あるごとにフェラチオ奉仕をユリに指示してその淫靡な精神を刺激した。喉奥を亀頭で擦られ、先から溢れ出るカウパー液を舐めとるうちにユリの意識に淫靡なモヤがかかりM淑女のスイッチが入る。
「あぁ…これぇ…はぁ…おいひぃ…」
ペニスは硬さを増し、ユリの唾液で濡れ光る。自らの唾液と尿道に満ちているカウパー液を吸い出すように深く喉奥までペニスをくわえ込みジュルジュルと淫靡な音を響かせながら吸い上げる。
一度口を離し、先から溢れ出るカウパー液を指ですくい舌で絡めとる。
「あぁ…もっと…ネバネバおいしい…」
舌先を尿道口に差し込み、溢れ出るカウパー液を絡めとる。
「ねぇ…おしゃぶりしてるユリはヤラシイ?」
「あぁヤラシイな」
「ヤラシイ、ユリは嫌い?」
「いいや。ユリがヤラシイから嫁さんにしたんだよ。」
「あぁ…ヤラシイ…誰か見て…」
「横に並ぶ車が無いからね。」
「あぁ…車で…こんなに…してるのに」
自分の行為に陶酔しているユリのスカートは腰まで上がり、おそらく助手席側に車が並ぶとユリの淫汁で濡れ光るヴァギナを間近に見る事ができるはずだ。
「明るいから見えるかどうか。後ろの車に見て貰おうか。」


妻奴隷 第5章 淫女2  契約彼女7~

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。