言葉責め大好き綾③完結 SM小説【SMプレイ.jp】

言葉責め大好き綾③完結 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 言葉責め大好き綾③完結 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

言葉責め大好き綾③完結 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
まず綾に立たせて自らバスローブを脱がせます。
「立てそのままバスローブを脱いで裸を見せるんだ。」
綾「あぁはい、わかりました。恥ずかしい、見ないで」
そお言いながら見られてるのに感じてる自分に酔いしれてました。
そのままベットに座らせ私は後ろに行き彼女に目隠しをし、まだ手錠は怖いだろうと判断し目隠しをさせたまま私は後ろから彼女の脚をM脚にさせ大きく広げさせました。
「ほらっ綾のいやらしいオマンコが丸見え、それなのにお前は感じてるんだもんね?」
綾「いっいや、やめて恥ずかしいぃ」
羞恥心でいやらしいマンコはどんどん濡れてくるのがわかりました。
「ねぇこんな恥ずかしい格好させられて何オマンコぴくぴくして濡らしているの?」
と言いながら耳を舐めながら首筋を舐めそのまま寝かせて鎖骨を丹念に舐めていると綾はここが一番感じるのか息を荒くして感じていた。
綾「いっいや、はぁはぁあぁんそこ感じるの」
彼女は舐める度にいやらしい声をあげそのまま鎖骨を舐め肩、脇そして乳房へ彼女の乳首はまだ舐めていないのに勃起しているのがよーくわかりました。
「まだ上半身しか舐めていないのにこんなに乳首ビンビンにして恥ずかしいね?どうしてほしいの?」
綾「はぁはぁ胸舐めて欲しい」
「胸?胸じゃわからないだろ?ちゃんとおねだりしてみろ」
綾「あぁ恥ずかしい恥ずかしいよ・・・・・ちっ乳首を舐めて欲しい(小声)」
「何?聞こえないな。もっと大きな声で言うんだ。」
綾「あぁぁ乳首、乳首を舐めてください!」
こんな事言わされてるだけで綾は恥ずかしいのと言わされて感じてるドMになってなってる姿を見て私は興奮していました。
ちゃんと言ったのでご褒美として乳首を舐めました。
最初は乳首を丹念に舐め舌先で転がしそのまま軽く噛み吸いながら引っ張るそれを繰り返すといやらしい声がどんどん大きくなり彼女はすごく感じていました。
両方の乳首を舐めるのを十分したらそのままピンクローターを取り出しそっと乳首に当てると彼女は不安になり。
綾「えっ何!?何してるの!?」
目隠しされて何されてるのかわからない不安になった時一気にピンクローターの振動をMAXにしました。
綾「あぁぁぁぁーーーいや、何?何なの!?すごい気持ちいいあぁぁぁ」
不安と同時の気持ちよさどうなってるのかわからない自分に混乱しながらしっかり綾は感じてる姿を見せる。
「綾は初めてだよね?ピンクローターどうだい?目隠しされて何されてるかわからないのにこんな気持ちいい事されて気持ちいいんだろ?」
綾「気持ちいい、気持ちいいのあぁん」
快楽に酔いしれながら自然と綾の腰は上下に動かしていました。
まるで早くいやらしいオマンコをいじめて犯されたいと言わんばかりに。
そのまま両乳首にピンクローターを固定しお腹からオマンコの周りへ私はあえてオマンコをいきなり舐めず太ももから膝まで丹念に舐め。
「ほらっどうしてほしいの?こんなにオマンコびちゃびちゃにして、いやらしい愛液でびちゃびちゃのオマンコをまじかで見られてるんだよ?どうしてほしいか言ってごらん」
そおいいながら彼女は喘ぎながら
綾「んっあぁはぁはぁあそこをあそこを舐めて欲しい」
と私はそれでは納得がいかず
「それじゃあわからないだろ?ほらっ綾のいやらしい愛液でびちゃびちゃのオマンコ舐めてくださいって言ってみろ」
綾「いや、そんな恥ずかしい事言えない。」
否定した綾に両乳首のピンクローターの振動をOFFにしました。
「言えないなら今日はこれでお終いだね。ちゃんと言えたらご褒美をあげるよ?」
綾「いや、やめないで言います。言いますからやめないで。綾のいやらしい愛液でびちゃびちゃのオマンコ舐めてください。はぁはぁ」
「こんな事言わされて綾は感じているんだもんね?ご褒美だ。」
一気にピンクローターの振動をMAXにしたまま舌先で割れ目にそって上下に舐めながら一気にクリトリスの皮を向き舌先で転がしクリトリス攻め、彼女はビクンビクンしながら
綾「あぁーーだめイクイクあーーーー」
綾はそのまま果ててしまいました。
「誰が勝手に逝っていいと言った?お仕置きだな?」
ぐったりしている綾のオマンコの中にピンクローターを挿入します。
彼女はぐったりしながらもオマンコに違和感を感じまた怯えていました。
綾「何入れたの!?怖いよ」
「大丈夫、痛いものじゃないよ。一瞬で快楽に変わるものだ。」
そのまま振動をMAXにしクリトリスを舐めまわすと
綾「あぁすごい、何!?だめだめ、逝く逝くーーーーー」
とそのまままた逝きましたが私はお仕置きのつもりでそのままクリトリスを舐め続けます。
綾「壊れる、やめてもう無理あぁぁんまた逝っちゃう逝くーーーー」
何回でも逝く綾を見て興奮する私。
いやらしいオマンコにピンクローターを入れたままチンポを口元に持っていくと素直にしゃぶり始めました。
両乳首とマンコにピンクローター本当いやらしい格好だと思いながらも彼女は感じながら必死に舐め、しゃぶりながら感じてる綾。
「チンポしゃぶりながら両乳首とマンコにピンクローター当てられて感じながらしゃぶってるなんてこんな姿見せられないな?ほらっさっきよりオマンコびちゃびちゃに濡らしてるよ?スケベなオマンコにはちゃんとしゃぶったご褒美をあげないとね?」
そのまま正常位でゆっくりオマンコへ入れて子宮まで届いた頃には彼女は言葉にはできないくらい喘ぎ声を出していました。
「んっあぁこれが気持ちいいの、あぁ」
何回も逝ってるのにチンポ入れられてまだ感じてるとは本当スケベだなと思いながら私はそのまま激しくオマンコを突き耳元でこお言いました。
「こんなにマン汁垂らして恥ずかしいね?」
そお言いながら彼女はそのままビクンビクンとしながらイクと言っていってしまいましたが私は綾が何回逝こうが関係なく突きました。
子宮に激しくチンポを突きオマンコから突く度にくちゅくちゅといやらしい音が部屋中に響きそれでもオマンコほ激しく突く彼女はおかしくなる、死ぬと言いながらも何回もいかせました。
私はそれでも飽き足らずクリトリスにピンクローターを当て乳首と同時責めで激しく犯しました。
綾「だめ、そこにそんなの当てたら逝っちゃうのーーーーあぁぁぁーーーー」
と言いながら何回もいき私も限界になりそのまま彼女の口に大量の精子をぶちまけ、そのまま10分休んだ後も犯し続けました。

こんな乱文でしかも読みにくくてすいませんでした。


淫乱美咲*調教編④  言葉責め大好き綾①

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。