義母はご主人様【転落の雄犬編】 SM小説【SMプレイ.jp】

義母はご主人様【転落の雄犬編】 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 義母はご主人様【転落の雄犬編】 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

義母はご主人様【転落の雄犬編】 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
(無名)さん、毎回有り難う御座います。


では…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一哉が牢屋に入れられてどのくらい時間が経ったか…
一哉は約半日、精神的にも、肉体的にも、和子・遼子・恵美に徹底的に責められてクタクタに疲労していた。全裸で首輪をはめられた格好で牢屋の中にあった粗末なベットに倒れるように眠っていた。


カッカッカッ…
ピンヒールの音が一哉が眠っている部屋にこだまする。
「こんな部屋があるのね。」
「旦那には、物置部屋っていってあるの。当然、会社にも内緒(笑)もともと、以前飼っていた奴隷用に作ったのよ。」
「へ~!スゴい!」
「あいつは、三ヶ月此処にいたわ。まぁ、調教部屋ってとこかしら(笑)」

「ねえ、遼子さん。その奴隷は今、どうしてるの?」
「フフッ(笑)それは、今から行く所で分かるわ(笑)」
恵美を先頭に、和子と遼子は、そんな事を話ながら、階段を降りて地下室に行く。
和子は、部屋に入ると周りを見回して驚く。
「凄い!まるで拷問部屋みたい!」
薄暗い部屋には、様々な長さや形の鞭が飾ってある。和子は、その一本を手にして
ブン!
と振る。
「かっこいいわね!」
和子は、眼を輝かせながら鞭をマジマジと見る。
遼子は、腕を組んで微笑みながら
「へ~!なかなか様になってる!もう、立派な女王様ね(笑)」
「やだ!からかわないでよ(笑)」
和子は、照れる。
和子は、鞭を手にしたまま、奥の牢屋に目を向ける。
「バカ犬、熟睡ね(笑)」
「あれだけ責められたら、普通はもっと早く泣きが入るのに…よっぽど、和子さんに虐められるのが嬉しいのね(笑)」
和子は、遼子にそう言われると眼を伏せてはにかむ
「さあ、バカ犬起こしましょ!」
和子は、照れ隠しの様にサッと牢屋の前に立つと、恵美が鉄格子の鍵を開ける
「和子様。どうぞ…」
「ありがとう、恵美さん!」
ガチャ!!

和子は、ニヤニヤ笑いながら
ギィィィィィィ…
鉄格子を開けて中に入る。
「ふふっ…情けない格好。」
和子は、寝ている一哉を舐め回すように視姦する。

一哉は、仰向けで両手両足をだらしなく広げて寝ている。乳首や、ペニス等、全身に責められた跡がはっきり残って真っ赤になっている。微かなイビキをかいている口許からヨダレを垂らしている。
「え?」
和子は、薄暗い中で一哉の股間を見つめる。
あれだけ、責められ、なぶられた一哉のペニスは何事も無かったかの様に、皮を被ったまま反り返って勃起している。
「本当に…変態!」
和子は、眼の色をサッと変えて、目尻を吊り上げる。鞭を勢いよく振り上げると
バチィ!!
うなりをあげて、鞭が寝ている一哉の腹に打ち下ろされる

「あぅっ!!!」
一哉は、突然の激痛に飛び起きる


借金のかたに  調教依頼

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。