人妻圭織~調教~ SM小説【SMプレイ.jp】

人妻圭織~調教~ SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 人妻圭織~調教~ SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

人妻圭織~調教~ SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

そんな部屋に全裸同然の姿で連れて行かれ放置された圭織は、ニヤニヤする少年たちの視線に脅えながら、部屋の隅で立ちすくみ小さくなっていた。

座るにも座る場所がないほど散らかっていて、そんな中に五人もの少年がゴロゴロしてるのだから、圭織は立ちすくむしかなかった。

少年のひとりが雑誌やゴミだらけの汚いセンベイ布団の上をとりあえず片付け、圭織にその上へ座る様に指で合図すると、恐る恐る圭織はその場所に座った。

真っ赤なボディストッキングだけを身につけた圭織を、少年たちは珍しそうに眺めた。

圭織は両手で乳房と陰部を隠していたが隠しきれるものでなく、少年たちの視線が全身に突き刺さった。

『スゴい恰好してるなお姉さん変態?』ギャハハハ…

『見られて興奮するってやつ?』
ギャハハハ…


『ドMなんだって』ドM、ギャハハハ…

『じゃあ見せてよ』

『ほら早く』

『見せろって言ってんだろ』

『手をどけろ』

次第に大きくなったその声に、怖くなって手をどけた圭織は、その場に立たされ足を広げさせられた。

『うわぁスゲー』

『興奮してきた』

少年たちは自分の股間を擦りながらそう言い、

『最近オナッてないもんな』

『嘘言え、昨日してたじゃないか』

『ああそうか…でもまたしたくなった』

『オナらなくていいんじゃないか、このお姉さんがしてくれるだろ』

『ああ好きにしたらいいって言ってた』

『そうか、じゃあどうする順番?』

『じゃん拳』

少年たちはそう言ってじゃん拳し、勝った少年が圭織の側に来て、

『どうしてくれるの?とりあえず舐めてくれる?』

とペニスを差し出した。

言われるまま、圭織はそのペニスをしゃぶると、そのペニスは直ぐに大きくなり、興奮した少年は強引に圭織のなかへ挿入し腰を振った。

『ああ出る出る、ティッシュ取って』

少年がそう叫ぶと、仲間のひとりがティッシュを放り投げ、少年はそのティッシュに射精した。

圭織は人妻で、これらの行為は夫の趣味でもある。

圭織と夫はどちらもドMのいわゆるMM夫婦で、圭織は別の男性に夫公認のもと調教されていた。


人妻圭織~調教~②  義母はご主人様【晒された雄犬編】

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。