契約彼女6 SM小説【SMプレイ.jp】

契約彼女6 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 契約彼女6 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

契約彼女6 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

俺の目の前で大きな鮫が身体を翻した。

「大きかったですねっ」

友恵は声を上げ、はしゃいでいた。
元カノと行こうと言ってて、結局来れなかった水族館。
そこに友恵を誘ってみると、快く引き受けてくれた。
それが俺たちの関係。
美佳には言い返せなかったが、決してセックスフレンドではない。
しかし友恵をここへ連れて来ようと思わせたのは、美佳が俺たちの関係を捉え間違えてくれたからなのだろう。

「そろそろ帰ろうか」

「えぇ~……」

子どもかっ!

「友恵は行きたかった所ないの?」

「行きたかった所……」

大きな水槽に視線を向ける彼女は、何処か寂しそうに見えた。

「……行きたい所は、遊園地ですかね」

「遊園地? じゃあ、今度行こう」

それが俺の役割だ。
思い思いに泳ぎ回る魚たち。
その光景を閉じ込めた水槽に顔を向けているはずの友恵の瞳は、どの魚の姿も追っていなかった。



8月は下旬を迎え、夏の終わりを告げるツクツクボーシの声ももう聞こえない。
このファミレスに来る客も、長い夏休みを持て余す大学生の姿が目立つようになっていた。

「はぁ~……」

やっと終わった。
深夜の2時を回り、クローズ作業を済ませたスタッフ数人と煙草をふかしていた。
仕事の後の一服は、食後のそれと並ぶほど一際美味い。
フィルターギリギリまで堪能し、灰皿に擦り付ける。

「お疲れさまです」

店の前でそう声を掛け合い、俺たちは散り散りになった。
蒸し暑い夜に、気の早い虫が秋の訪れを知らせている。
たまたま通った車が俺の横を通り過ぎ、生温かい風を浴びせてく。
そして、どこか物寂しい想いを置いていった。
俺はその原因がわからないまま、重い足を動かしていた。


学校の秘密  契約彼女4

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。