淫獣母娘 (5) SM小説【SMプレイ.jp】

淫獣母娘 (5) SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 淫獣母娘 (5) SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

淫獣母娘 (5) SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

 そう言って、啓二はドアノブに手をかけた。

「お義父さん、あとでまた来てくれる?」

 沙希はすがる口調でたずねた。

「素直にするなら、母さんが寝てから来てやる」

「嬉しい。今度はちゃんとする」

 沈んでいた沙希の顔がほころんだ。

「ただし、義父さんが来るまでは、しっかり勉強しているんだぞ。成績が下
がったりしたら、母さんに余計な疑いをかけられるからな」

「言いつけは守るから、きっと来てよね」

「約束は破らないさ。ああ、そうだ。食事のときもパンティを穿くなよ」

「うん」

 沙希が頬を紅潮させて頷くと、啓二は部屋を出て行った。

 啓二がいなくなると、沙希は満たされなかった思いを引きずりながら、力
なく立ち上がった。セーラー服を脱ぎ捨て、スカートを足元に落とす。

 ブラジャーで寄せられた乳丘が、素白の肌で谷間の陰りを描き出し、大人
の女になりきれていないウエストはふっくりとしている。臀丘を形作る曲線
は、熟れきっていない桃ように堅さを含みながらも、セックスで磨かれた色
香を滲ませていた。陰毛を刈り取られた恥丘が、白い肌の海原に浮かぶ孤島
のように、緩やかな曲線で盛り上がっている。

 恥丘から流れ落ちた曲線の果てには、彫刻刀で一直線に彫られたような秘
裂が溢れた恥液に濡れ、ダイヤモンドダストをまぶしたようにきらめいてい
た。

 沙希の股間はいまだに疼きが止まらず、肉棒を欲して淫熱を宿していた。

 沙希はブラジャーを外すと、勉強机へ歩み寄って行く。弾力のある青い乳
房が、根元から弾んで肌が小さく波打ちながら揺れた。

 沙希は一番下の引き出しを開け、可愛らしいウサギの絵が描かれた箱を取
り出して蓋を開いた。

 なかにはバイブレーターが入っていた。リアルに男根を模した黒いバイブ
は、義父とのプレイの際に使うものであり、オナニーに使用した回数を問わ
れるための恥具でもあった。

 沙希はバイブを手に取ると、ベッドに仰向けで横たわり、脚をM字に開い
た。まだ肉土手に隠れている秘唇をバイブの先で割り開き、ゆっくりと挿入
してゆく。

「はっ! くくく~・・・・」

 沙希は眉根に喜悦の皺を寄せ、腰を浮かせた。

「お義父さん、ここよ。ここを擦って」

 沙希はバイブを操り、ゴムの亀頭でGスポットを抉る。

「そ、そう。そこ。いい・・・・」

 表情はうっとりとして、半開きの赤唇から熱い吐息が流れ、秘裂がチャク
チャクと淫鳴する。

「わ、わたしって、エッチ?」

 沙希はバイブの根元の先に、義父の姿を想像しながらたずねる。

『そのスケベさが可愛いよ』

 存在しない義父の声を聞きながら、沙希はバイブのスイッチを入れ、肉壺
の奥へと押し込んだ。

 ほのかにモーター音をさせながら、バイブがくねって肉壁を抉る。

「そ、それ、いい」

 沙希は愉悦の声を上げながら、バイブをさらに深部へ進めた。

「お義父さんのおチ○チ○で、頭が痺れちゃう」

 沙希は浮かした腰を泳がせ振りたてながら、バイブで円を描くように抽送
し、子宮口の辺りを穿つように攻め立てる。

「あ~ん・・・・。お義父さん、おっぱいも感じさせて」

 そう言うと、沙希は大きく揺れる乳丘を掴んで揉みはじめた。

「あっあ~。身体が溶けちゃう」

 瞼を閉じて快楽に酔い痴れる沙希の股間でピストンされる黒いバイブは、
本気の恥液で白く斑に染まり、掻き出された恥蜜が何度も糸を引いては落ち
てシーツを濡らした。

「あ~ん! イッちゃうよ~! イッちゃうーっ!」

 沙希の腰がグンと持ち上がり、無毛の恥丘がせり上がった。乳房を揉んで
いた指は、柔肉に埋まっていた。

「はあ~・・・・」

 沙希が大きく息をすると、身体の硬直が解けた。

 腰がベッドに落ちて放心状態に陥ると、手から放れた黒いバイブが恥液の
糸を引きながら肉窟から抜け落ち、まだ膣口を求めるように這いくねってい
た。

 沙希は余韻から醒めると、恥液で濡れたバイブをティッシュで拭って引き
出しに戻した。そのあと、股間も綺麗に拭いてTシャツを着ると、その上に
シャツを重ね、マイクロミニのスカートを穿いた。

 マイクロミニのスカートは、ノーパンだと秘かに啓二へ知らせる合図にな
っていた。

 沙希は淫猥に微笑み、部屋を出た。






 


淫獣母娘 (7)  淫獣母娘 (3)

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。