後輩は性奴隷……4 SM小説【SMプレイ.jp】

後輩は性奴隷……4 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 後輩は性奴隷……4 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

後輩は性奴隷……4 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説

「あざっス」

4月も折り返し地点を迎えたその日、俺は深夜バイトに入っていた。
シフトしていた人が就活で入れなくなり、これを機会に一度経験してみないかと清瀬さんからの提案があったためだ。
深夜独特の仕事をメモしながら通常通りの接客をし、気付けば日付が変わろうとしている。
客も完全に退き、小休止のために事務所に入った。

「でや?」

「いやぁ、まだ何とも言えないッス」

などと言い合いながら、互いに一服を始める。
この後の流れを聞いていると、女性の客が入店してきた。
他愛もない話をしながら、カメラの映像越しに客を目で追う。
女性はパスタや飲み物を籠に入れ、レジの方へやって来た。

「あざーすっ」

とレジに出たのも束の間、俺はその女性を鮮明に認識した途端に動けなくなってしまった。
ぱっちりした二重の瞳。
ぷっくりとした、瑞々しい唇。

「……おい」

と清瀬さんに声を掛けられ我に返った俺は、慌てて籠の中の物をスキャンしていく。
が、向こうの女性が微動だにせず、俺を見ているのがひしひしと伝わってきていた。

「…………ゆ、ぅ?」

ドクンと胸が高鳴る。
胸元から下がった名札を見て、俺だと気付いたようだ。
と言うことは、この女性は、間違いなく……。

「朱音(あかね)……なのか?」

まさか、こんなところで……。
女性はコクンと頷いた後、あっと気付いたようにお金を差し出す。
俺は機械的にそれを預かり、お釣りとレシートを渡した。
朱音はぎこちない動作でそれらを財布に突っ込むと、逃げるように店を出ていった。
その間が一瞬だったような、時間が止まったような不思議な感覚に襲われ、暫く呆然と立ち尽くしていた。
ところが、あろうことか朱音が引き返してきたのだった。

「これ、要りません」

とレシートを俺に渡し、また、店を出ていった。
不要ならば外のゴミ箱に捨てれば事足りる。
案の定、返されたレシートの裏には、電話番号とアドレスが記載されていた。
どうするべきか……。


無駄スレすみません  妻奴隷 第3章 無限3

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。