父親の奴隷妻 SM小説【SMプレイ.jp】

父親の奴隷妻 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 父親の奴隷妻 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

父親の奴隷妻 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
裕子は亡くなった母親の連れ子で、父親は母の再婚相手です。
父親は私達親子に凄く優しく、明るい家族です。
裕子はそんなお父さんが大好きで、お父さんにまとわりつきお父さんの隣りが、裕子の指定席です。
お仕事で疲れて帰っても、私達親子に笑顔で接してくれ、裕子が勉強で行き詰まっていると、気分転換に連れ出してくれます。
裕子も結婚するなら、お父さんみたいな優しくて包容力のある男性に嫁ぎたいと、お母さんに話していました。
何時までもこの幸せが永遠に続くと信じていました。
その日は、何の前触れもなく、突然やって来ました。
何時もの一日の始まり。
裕子が眠い目をこすり、リビングに降りて行くとお父さんが出勤前でした。
お母さんと裕子でお父さんを見送り。
お母さんに、早く食事済ませなさいと言われ、裕子も慌てて食事済ませ登校の荷支度して、登校、授業中突然、担任教師が香田、今すぐ、病院に行きなさいと言われ、裕子は分けも分からず。
担任教師の運転する車に乗って病院へ。
途中、担任から、お母さんが倒れ病院に運ばれ、危篤状態だと。
お父さんも病院に向かっている。
あと何を聞いたか覚えてない。
病院に着くと裕子はお母さんのもとえ、お母さんには沢山のクダやチューブが付いている。
裕子はお母さんを揺すり、起きて、目を開けてお願い。
お母さんは、裕子に「お父さんの事、お願い。
怖い事があっても、お父さんを信頼して付いて行くのよっ」お父さんも駆けつけて、お母さんは「あなた、裕子をお願いします。
幸せにして下さい。
」お父さんは「安心しなさい」お母さんはそれだけを聞くと、他界しました。
裕子とお父さんは大声で泣き崩れました。
裕子は葬儀が終わり帰宅するまで、何がどうなったのか分かりません。
ただ、帰宅後のお父さんは無気力でお母さんの遺骨を抱きかかえて、身動きしません。
お母さんが亡くなって3日目の朝を迎えました。
お父さんは目の前のお水さえも口にしていませんでした。
裕子はこのままだと、お父さんまで倒れてしまう。
裕子は何を思ったか、グラスのお水を口に含み、お父さんに口移しでお水を飲ませました。
正気になったお父さんは「裕子。
」私は正気に成ったお父さんを見て「お父さん。
お水だけでも飲んでくれないと、お父さんまで死んじゃう」「裕子を1人ぼっちにしないで」と泣き叫んでいました。
お父さんは「ごめんな、裕子まで心配かけて。
お母さんと約束したのにな、裕子を幸せにすると。
」私はお父さんが正気に戻ったことで、緊張の糸が切れて、寝ていました。
気付くと制服のまま、ベッドに寝かされていました。
起きて、リビングに降りて行くとお父さんが食事の支度をしていました。
私は「お父さん休んだの今日から家事は裕子が支度するから、お父さんは休んでねっ。
」お父さんは「出来たぞ。
食事してお母さんの分まで、裕子とお父さんは幸せに成らないといけないから」と。
私は「はい。
お父さん。
」と言い二人だけの生活がスタートしました。
初七日まではお父さんも会社に休みを出しています。
お父さんも以前の様に明るく生活しています。
私も安心して心の整理をしていました。
初七日も無事に終わり。
四十九日は私とお父さんとだけですることに成りました。
お母さんの遺品整理のため、両親の部屋へ足を踏み入れました。
お母さんのクローゼットを開けると洋服が少ないのに、驚きました。
それ以上に驚いたのは、ランジェリーの多さです。
厭らしいスケルランジェリーばかり。
お母さんのランジェリーとは思えませんでした。
クローゼットの隅に数冊のノートがありました。
内容は、お父さんと出逢ってからの日記でした。
お父さんに惹かれていく様子やお父さんと私を初めて逢わせた時の不安、私がお父さんになつくか、お父さんとお母さんとの夫婦生活の記述は目を疑うものでした。
お母さんはお父さんに調教され悶え喜び。
女の幸せを感じていたこと、娘の私に嫉妬したこと。
初めはお母さんの気持ちが理解出来ませんでした。
それでも両親を軽蔑出来ませんでした。
お母さんの日記を何度も何度も読み返して、お母さんは幸せだったと思います。
私もお父さんに抱かれ、調教され悶え喜び、女の幸せを感じていたいと悲願しています。
お母さんの四十九日にお父さんの娘でもあり、恋人であり、奴隷妻にして頂く決心をしました。
四十九日、当日、お母さんの遺骨に「今日、お父さんの奴隷妻に成る事を許して」とお願いしました。
お母さんは許してくれた気がしました。
お父さんと私の夕食も終わり。
後片付けを済ました。
お父さんは、お風呂に入っています。
晩酌のオツマミを作りテーブルへ。
ビールも準備したら、お父さんがお風呂から出て来ました。
入れ替わりに私がお風呂へ体を洗い清めました。
陰毛も剃り、パイパンにしました。
お母さんのスケスケランジェリーを身に付けました。
それだけで私、蜜が溢れ出ています。
深呼吸してお父さんの前に出ました。
お父さんはテレビを見ながらビールを飲んでいます。
私はリビングに正座して「お父さん。
裕子は大事なお話あります。
」と言い、お父さんが裕子を見たのを確認して「裕子をお父さんの奴隷妻にして下さい。
」私は心臓が口から飛び出しそうでした。
「裕子をお母さんと同じ様に悶え喜び、女の幸せを与えて下さい。
お願いします。
」お父さんは無言で裕子を見ています。
お父さんは「裕子、立て」と言われ、私はその場に立ち上がりました。
恥ずかしくて、前を隠そうと手を前へ。
お父さんは「隠すな」と強い口調で言われ、ビクッと反応して手を下ろしました。
お父さんは「裕子、お前が口にした言葉、ちゃんと理解しているのか」「はい。
お父さん。
理解しています。
もう後戻りは出来ません。
」「お父さんの妻に調教して下さい。
お父さん。
愛しています。
」お父さんは「分かった。
裕子は今から奴隷妻だ。
今日はビールを飲みなさい。
それと、どんな時でも御主人様と呼びなさい。
」私は「はい。
御主人様。
」「御主人様は素直で可愛い新妻だ。
頭を撫でて貰えました。
」「それと、私と言う言葉は禁止、奴隷裕子と言いなさい。
」「はい。
御主人様。
」御主人様は寝室に戻りました。
奴隷裕子は御主人様が戻り、首輪とリード、鞭を手にしています。
御主人様はソファーに座り、奴隷裕子に首輪を付けて頂きました。
奴隷裕子は御主人様の足下に正座しています。
御主人様は奴隷裕子に新しいビールを手渡して乾杯しました。
奴隷妻裕子は初めてのビールに半分飲んでほろ酔い気分です。
御主人様は奴隷妻に身体検査して見るか、「奴隷妻はどんな淫乱な体を堪能して見るか。
」「奴隷妻、下着を脱げ」奴隷妻が、もたついていると。
御主人様の鞭が振られました。
太ももに、鞭の先端が当たり、奴隷妻は「ハァン」と喘いでしまい、御主人様は「感度のいい奴隷妻だ」「早く脱げ、それとも鞭のおねだりか」奴隷妻は、慌てて全裸になりました。
ヨツバイにしました。
奴隷妻のオマンコは御主人様の目の前に、無防備な姿を晒されています。
御主人様は鞭の先端で奴隷妻のオマンコをなぞりました。
奴隷妻は「ア~ン」喘いでしまい鞭の先端には蜜壺から溢れ出た蜜で濡れています。
「淫乱奴隷妻、感じているな」奴隷妻は、「感じていません。
」「口答えするな淫乱奴隷妻、こんなに蜜を垂らして、感じていない。
」お尻に鞭が飛び「ごめんなさい。
奴隷妻は感じています。
御主人様に身体検査して頂き感じてオマンコから蜜を垂らしています。


読者参加型女装娘生け捕り調教  奴隷…やめられない3

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。