義母はご主人様【第二章アナル調教編】 SM小説【SMプレイ.jp】

義母はご主人様【第二章アナル調教編】 SM小説【SMプレイ.jp】

SM

SM SMプレイ ソフトSM HOME > SM小説 > 義母はご主人様【第二章アナル調教編】 SM小説【SMプレイ.jp】

updated 2012-06-29

義母はご主人様【第二章アナル調教編】 SM小説【SMプレイ.jp】


SM・調教小説
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
和子は、ニヤニヤしながら、調教の道具をリビングのテーブルに並べていく。
………………
一哉は、自室に戻るとドアを開けて、直ぐ側で四つん這いになっていた。この格好でもう、小一時間経っていた。
和子の口笛が聞こえたら、いつでも、一階のリビングに駆け降りる用意は出来ていた。ただ、予想だにしなかったお客様の登場が一哉を不安にしていた。

〔お客様って…誰だろう。車の音が聞こえたけど…〕
心は不安になっているのだが、全裸で四つん這い。しかも毛が生えてない股間から小さいペニスが萎えることなく、下腹にくっついている。
〔早く、ご主人様に会いたい!〕
そう願うと、さらにペニスがビクビクと上下に震える。

突然

ピー!!!

和子の口笛が聞こえた。
一哉は、四つん這いのまま、リビングにすっ飛んでいく。

リビングに駆け降りると、和子は、昨日のようにソファーに足を組んで座っていた。一哉は、和子の足元に駆け寄ると
「お待たせしました、ご主人様!」と土下座する。
「あら、お利口さんね。今日は、早かったじゃないの!」
足元の一哉の後頭部に足を乗せて和子は嬉しそうに言う。

「ありがとうございます。ご主人様!」
一哉は、尻を高く上げて床に頭を擦り付けながら言う。
「あはは(笑)いい格好!」みみず腫の背中と尻を見ながら、和子は笑う。

和子は、一哉の頭から足を退けると
「バカ犬。立ち上がりなさい。」とニヤニヤしながら言う。

「はい!」
元気な声で全裸の一哉は勢いよく立ち上がる。

「あら?何?お前…待ってるだけでビンビンじゃない。単小チンポのくせに元気だけいいのね(笑)」

和子は、一哉のペニスを人差し指で二・三回連続で弾く。

「あぁん!」
一哉は身をくねらせてよがる。

「あはは(笑)敏感チンポ!」
和子は、勃起しているにもかかわらず、すっかり皮が被われているペニスの先の皮を人差し指と親指で摘まみ、引っ張る。

「あぁっ!」

一哉は、突然の痛さにそれにつられて腰を座っている和子に突き出した。
さらに和子は、皮を上に持ち上げる。一哉は顔をしかめてつられて腰を上に持ち上げる。
「あぁっ!あぁっ!ご主人様!あぁっ!お許しください!」
和子は、ニヤニヤしながら「よく皮が伸びること(笑)包茎のくせにチンポビンビンにさせて(笑)ほらほら!」
和子は、笑いながら更に上に引っ張る。一哉は、爪先立ちになり、更に上に上がる。「あぁ!」
すると和子は、上に引っ張った指をいきなり離す。

「あぁっ!」
一哉は解放に安堵するが、直ぐに和子は、ソファーの上に置いてある、20個ほどの赤色の洗濯バサミを一つ取り上げた。
一哉のチンポは多少萎みかけている。その先に洗濯バサミを挟む。

「ひぃっ!」
一哉はまた、激痛に飛び上がる。

「ほら、バカ犬!じっとしなさい!」
和子は、そういうと
ピシャッ!
一哉の尻を叩く。

「申し訳ございません、ご主人様!」
一哉は、激痛に耐える。

和子は、さらに洗濯バサミを取り上げると、玉袋に弧に1なるように10個程挟んでいく。

「あぁっ!はぁっ!」
挟まれる度、一哉は体を震わせて激痛に耐える。

「あはは(笑)」
プルプル震える目の前の毛無しペニスを見て和子は、笑う。

「あら、忘れてた。お前が感じるのは単小チンポだけじゃなかったわね。」

和子は洗濯バサミを掴むと、一哉の乳首にゆっくり這わせる。

「あぁ…ご主人様ぁ…」
一哉はこれから来るさらなる激痛に怯えて、すでに両面には、涙が溜まっていた。

「あら?どうしたの?泣いちゃって(笑)あっ!そうか!嬉し涙ね(笑)」
和子はニヤニヤしながらそう言うと、右の乳首に赤い洗濯バサミを挟む。

「うぁっあああ!」
一哉は身を捩らせて唸る。
バシッ!!!

「五月蝿いわね!」
和子のビンタが一哉の頬に飛ぶ。

「うぅ…申し訳ございません、ご主人様…」

泣きながら一哉は言う。

「右だけじゃねぇ…不公平だから…」

和子は一哉の顔を除き込みながらそう言うと、左の乳首にも洗濯バサミを挟む。
「んぁっ!あぁ…」
一哉は、歯を食いしばって耐える。

この一連の流れも遼子の指導。和子は、
(面白い(笑)泣いてる(笑))一哉の泣き顔を見ながら楽しむ。

パシッ!

和子は、一哉の尻を叩く。
「いつまで立ってるの!お前は何?」

一哉は、泣きながら
「申し訳ございません、ご主人様!」

一哉は、勢いよく四つん這いになった。


調教依頼  義母はご主人様【第二章】

SM小説一覧へ

SMプレイ ソフトSM 無料体験コース(女性専用)

無料でSMプレイ ソフトSMをお楽しみいただけます。

ホテル代・交通費を含めて無料です。

女性の方のみ ご応募いただけます。

お申し込み時に、無料体験プランとお申し付けください。
120分コースのみの施術とさせていただきます。

お申し込み

メールにて
ご希望の日時
ご希望の施術場所
施術時間

ご連絡ください。

また、ご質問等お気軽にご相談ください。

info@smplay.jp

telでのお問合せの場合
メールにお電話番号をご記入の上、
連絡ご要望時間をメールにご記入いただき、
メール送付お願いします。
折り返し、ご連絡させていただきます。

smプレイ

ご注意
●カップルでのご利用
カップルでのご利用の場合、3名での入室になります。
誠に恐れ入りますが、ホテル代のみ、ご負担お願いします。

●年齢制限
誠に申し訳ございませんが、ご高齢の方の無料施術は、お断りさせていただいております。
45歳以上の方は、ご遠慮いただいております。ご了承ください。